【テレワークの寒さ対策】冬を乗り越えるアイディア10選|おすすめグッズ

テレワーク 在宅勤務 寒さ対策仕事

新型コロナウイルスの流行によって、加速する在宅勤務・テレワークの普及

富士通ヤフーなど大手企業がテレワークへの完全移行を進めるなど、今後の働き方が大きく変わろうとしています。

 

筆者が所属する会社でも2020年3月頃からテレワークが始まり、今も基本的には在宅勤務がベースになっています。

秋、冬と気温が下がるにつれて、仕事環境が日々悪化していることに気が付きました。

「えっ…部屋寒くね!?」

 

これまで職場で仕事をしていましたが、自宅の部屋で8~10時間も仕事をするには、テレワーク特有の寒さ対策が必要だと痛感しました。

本記事では、寒い冬のテレワーク/在宅勤務を乗り越えるグッズを10個ご紹介します。

こんなヒト向けの記事:
・テレワーク/在宅勤務をしている
・自宅の部屋が寒いので対策をしたい
スポンサーリンク

【テレワークの寒さ対策】冬を乗り越えるアイディア10選

在宅勤務 寒さ対策

在宅勤務で寒さを乗り切るためには、身体か部屋を暖めるしかありません

とにかく洋服をいっぱい着用することも大切ですが、Web会議を行う時にもっこもこのセーターを見せられない職種も。

 

あなたの悩みに沿って、必要な対策を検討していきたいですね。

足元や身体の芯を温められるように、寒さ対策グッズで寒い冬のテレワークを乗り越えていきましょう!

“フットヒーター”で足元を温める

寒さは足元から。

足先が冷えると身体の体感温度が一気に冷えてしまい、身体が温まりにくい状態となってしまいます。

 

フットヒーターを机の下に置いて、足元を温めながら仕事をするだけで快適さが圧倒的に増しますよ!

5,000~6,000円で購入できるので、寒い冬を乗り越えるアイテムとしてはコストパフォーマンスの高いアイテムといえるでしょう。

Amazonレビュー抜粋:
・お値段以上です。消費電力が低いのに、とても暖かいです。
・全体としてはコスパがよく、ランニングコストも安いため十分お勧めできる商品だと思う。

 

おすすめのフットヒーター&フットウォーマーは、コチラの記事でまとめています。

“電気あんか”で座席を温める

「電気あんか」「電気座布団」と呼ばれる、座布団内部にヒーター線を通した暖房器具。

小さめのホットカーペットとも言えるかもしれませんね!

在宅勤務で座っている椅子の下に敷いてお尻を温めたり、腰回りお腹周りを温めることができます。

 

身体の中心部が冷えて仕方ない時は、電気あんかでお腹や腰を直接温めることでポカポカとしてきますよね。

安心安全のパナソニック製から蓄電式のコードレス電気あんかまで、幅広い商品が注目を集めています。

Amazonレビュー抜粋:
・とても温かいし手元で温かさの調節が可能!すごく便利です
・値ははるけど、それなりの機能で満足です。最初からこれを買えばよかったと後悔しています。

 

おすすめの電気あんか(電気座布団)については、コチラの記事でまとめています。

“湯たんぽ”で身体を温める

昭和時代から愛され続けている“湯たんぽ”ですが、近年で目覚ましい進化を遂げていることをご存じでしょうか?

・容器のイヤな匂いは一切なし
・保温素材で温かさ長時間キープ
・密封性の高いキャップで水漏れなし

もちろんお湯を入れるだけなので電気代も掛からないので、簡易に使える暖房グッズとして女性を中心に人気を集めています。

 

“湯たんぽ”は昔のヒトが使うアイテムと思ったら大間違いです。

最近は可愛いケースも付いて機能性が豊かな湯たんぽが勢ぞろいしており、冬の在宅勤務を快適にする大切なグッズの一つと言えるでしょう。

Amazonレビュー抜粋:
・あまりに良いので家族全員分を買いました。
・可愛さ、柔らかさ、保温性、匂いいずれも二重丸でした。お薦めの湯タンポですよ。

“電気ストーブ”でデスク周りを暖める

デスク周りの空気を温めたい方に評判のアイテムは、電気ストーブ

石油ストーブやガスストーブより熱量は劣るので部屋全体を強く温めることはできませんが、ストーブ周りの空間をすぐに温めてくれます。

 

電気ストーブの値段と性能はピンからキリですが、中途半端なものを購入すると意味がないほど狭い範囲しか温めてくれません。

YAMAZENの電気ストーブは評判も良く、値段相応の成果を感じることができるアイテムです。

仕事中の足元を温める用途であれば、かなり効果を発揮しますよ!

Amazonレビュー抜粋:
・近くに座るととても暖かく、ストーブなどよりもすぐにあたたまるので良いです。
・安くて小さいながらもパワフルなヒーターですが、メイン暖房の補助としての使用が最適かと。

“真空タンブラー”で温かい飲み物

筆者は仕事中、冷蔵庫に入れてある麦茶を注いで飲んでいたのですが、冬になるにつれて温かい飲み物が必要になってきます。

しかし、普通のマグカップだと淹れたてのコーヒーも20分で冷めてしまいますね。

 

真空断熱タンブラーは温かい飲み物を4,5時間保温してくれるので、飲み干すまで温かさが持続。

温かい飲み物と共に仕事をしていると、身体のポカポカ具合が圧倒的に違います。

 

COLOCUPの保温マグカップは、見た目も機能も値段もバランスのいいアイテムと評判です。

Amazonレビュー抜粋:
・とても保温性が良く、朝いれたコーヒーがお昼まで良い温度で味わえます。
・口当たりもとても良く、安定感、底のシリコンでの滑り止めも安心感がありとても良いです。

 

おすすめの保温性が高いタンブラーは、コチラの記事でまとめています。

“ルームシューズ”を履く

寒い日は自宅で靴下を履いて仕事をしていると思いますが、いっそのこと冬用ルームシューズを履いてはいかがでしょうか?

在宅勤務/テレワークだと足元が見えることがないので、安心です。

履いてビックリ、信じられないくらい身体全体が温まります。末端の冷えとは恐ろしいモノです。

 

KOIのルームシューズは24cm~31cmまで取り揃えているので、男性も女性も購入することができます。

ただ全体的にサイズ感が小さいので、普段履きの靴から+1~2㎝大きいサイズを注文することをおススメします。

Amazonレビュー抜粋:
・コストパフォーマンスの高い商品だと思います。
・あったかいので、その点は文句ないです。今までの足元の寒さはなんだったんだ・・・。

“ヒートテック(極暖)”を着る

身体の冷えはインナーから。

ユニクロが誇るヒートテックの”極暖”を体験したことはあるでしょうか?

筆者はスキーやスノボの際にしか着用しませんが、室内では極暖+薄手のアウター着ればOKでしょう。とにかく温かいです。

様々な種類のヒートテックが販売されているので、あなたの寒さに合ったインナーを買い揃えましょう!

“着る毛布”を身にまとう

“着る毛布”と呼ばれる、ルームウェアをご存じでしょうか?

まさに名前の通り毛布のような肌触りと心地よさで、見た目は軽量で薄さを感じますが着用していると保温効果はバツグン。

まさに冬の在宅勤務の味方とすべき、一家に一着は欲しいアイテムです。

 

一度購入してしまうと、別の服を着ながら仕事が出来なくなってしまうというデメリットがあるのでご注意ください…。

Amazonレビュー抜粋:
・フモフとした肌触りは気持ちいいです。着丈も袖丈もちょうどいい感じ。
・実物が届くまでは正直舐めてました。実際に着てみて驚きです。軽量で保温性も抜群、オマケに肌触りも最高。

“窓とドアの隙間風”を埋める

あなたの部屋が寒くなっている理由の一つに、ドアや窓の隙間風はありませんか?

どこからか「ピュ~」っと冷たい風が入ってきている場合は要注意です。しっかりと隙間風対策を行いましょう!

 

窓やサッシ、ドア下など隙間の空いている箇所によって購入すべきグッズが変わるので、詳しくは以下の関連記事をご覧ください。

 

カンタンな対策で部屋の保温効果は上がるので、寒い部屋での在宅勤務とならない様にしっかりと対策をしていきましょう。

Amazonレビュー抜粋:
・ほんとに隙間風がおさまった。正直びっくり。
・微妙な隙間には効果良いです、従来のウレタンやスポンジと比べると、これは優秀。

思い切って”最新エアコン”に変える

最後はもはや強硬手段ですね。

お値段は張ってしまいますが、エアコンの効き目が悪くなってしまった場合は、最新のエアコンに切り替えることも一つの手だと思います。

 

筆者は2020年に引っ越してエアコンを新しく設置しましたが、最近のエアコンは優秀ですね!

そこまで高くない温度設定でも、ちゃんと部屋を暖めてくれます。

我が家はパナソニックのエオリアと、三菱の霧ヶ峰を設置してますが、どちらも優秀なので迷っている方は参考にしていただければと思います!

Amazonレビュー抜粋:
・外出中でもスマホアプリで遠隔操作できるので猛暑でも家の中は天国。
・エアコンの効きが良いです。気に入らなかったところは特になかったです。

【テレワークの寒さ対策】冬を乗り越えるアイディア10選

・”フットヒーター”で足元を温める
・”電気あんか”で座席を温める
・”湯たんぽ”で身体を温める
・”電気ストーブ”でデスク周りを暖める
・”真空タンブラー”で温かい飲み物
・”ルームシューズ”を履く
・”ヒートテック(極暖)”を着る
・”着る毛布”を身にまとう
・”窓とドアの隙間風”を埋める
・思い切って”最新エアコン”に変える

直接的に身体を温めるのか、スキマ風対策やエアコンを利用して部屋全体を温めるのか。

あなたの在宅勤務の悩みに合わせて、対策すべきアイテムを検討していきましょう。

テレワークが継続的に続きそうな会社に勤めている方は、長期的な目線でしっかりと揃えていきたいですよね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました