【総まとめ】家の寒さ対策でやるべきコト|寒い冬を乗り越える人気グッズを紹介

家 自宅 寒さ対策生活

日本の夏は猛暑、そして冬は極寒です。

2月は全国各地で0度近い最低気温となるため、家での寒さ対策は必須ですよね。

■最低気温(2022年2月)
・東京:-1.9度
・大阪:-0.5度
・福岡:-0.3度

※出典:気象庁「過去の気象データ検索

 

「家の寒さ対策」といっても、玄関・リビング・窓・フローリングなど、場所によって行う寒さ対策は異なります。

本記事では、家における冬の寒さ対策をまとめました。

こんなヒト向けの記事:
・家が寒くてしょうがない
・場所に応じた寒さ対策をしたい
・自宅のどこから対策すれば良いか悩む

【家の寒さ対策】寒い冬のおすすめ8選

家 自宅 寒さ対策

とにかく寒い冬

暖房が効かない場所は凍えるし、スキマ風の影響で暖房効率が悪化していることもありますね。

 

家の中の場所や目的に応じて、最適な寒さ対策を行うことが大切です。

玄関の寒さ対策

一戸建て・マンション・アパート問わず、全ての家に共通するのが、玄関の冷えですよね。

玄関からの冷気が廊下を伝い、お風呂やトイレへ向かう廊下も一気に冷えてしまいます。

 

玄関の寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

特に玄関ドアにガラス部分がある場合は断熱性が低く、冷えの原因となってしまいます。

ドアの取り替えは簡単にできませんが、結露対策シートを貼るだけでも寒さ対策に直結しますよ。

ガラスに付着した結露が室内の温度を奪うので、意外と効果のあるアイテムなんですよね。

Amazonレビュー抜粋:
・吸収力があり結露防止には最適でした
・テープの粘着力は強いと思います。厚みもあるので吸水もよさそうです。

フローリングや床の寒さ対策

夏場は湿気でベタベタするフローリングも、冬にはキンキンに冷えた床へ早変わり。

冬は家の中でも当たり前に靴下は必須、できればルームスリッパを履きたくなりますよね。

 

冷たいフローリングに対しては、カーペットやマットなどを敷くことが何よりの寒さ対策となります。

部屋の大きさ・デザイン・色などに合わせて、アイテムを選んでいくことが大切ですね。

 

冬のフローリングの寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

REDREAMの冬用カーペットは、ふわっふわの感触がたまらない人気のアイテム。

軽いし洗えるし気持ちがいいし、子育て世代の親御さんにも好評のカーペットですよ!

Amazonレビュー抜粋:
・軽いしコンパクトで、取り扱いも簡単です。色も上品です。
・床に置いて触ってみたら、予想以上にふわふわで、さわり心地がたまらない。

勝手口の寒さ対策

キッチンが冷える理由の一つとして挙げられるのが、勝手口

良かれと思って新築で設置したけど、気がつけば一度も開くことのない開かずの扉になっているご家庭も…。

 

勝手口の寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

勝手口の寒さ対策として一番王道なのは、カーテンの設置ですね。

たかが布一枚と思うかもしれませんが、想像以上に冷気を遮断してくれる有効な手立てですよ。

突っ張り棒と合わせて購入すれば、どんな勝手口にも対応できるので、ご自宅のキッチンに合った色味を選んでいきましょう。

Amazonレビュー抜粋:
・コスパは最高だと思います!
・サイズが色々選択できる。製品がある程度の厚みがあり高品質な感じがする。

ドアの隙間風の寒さ対策

玄関ドアだけでなく、廊下とリビングをつなぐドアの下から流れる隙間風も、家の冷え込みを加速させます。

スキマ風防止テープをしっかりと貼ることで、リビングの暖房効率をグッとUpさせますよ。

 

ドアのスキマ風対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

ハサミで自由な長さにカットできるので、どんなドアにも合うスキマ風防止テープ

ドアの隙間から入ってくる害虫の侵入防止にも繋がりますよ!

Amazonレビュー抜粋:
・隙間風を感じなくなりました。コスパの良い商品だと思います。
・廊下からの冷気、熱気が遮断されて部屋のエアコンや空気清浄機の効き目が良くなりました!

窓の隙間風の寒さ対策

冷えた空気と一番接している場所、それはです。

リビングの真ん中は暖かいのに、窓の近くに行ったら寒いなんてこともありますよね。

冷気が入らないようにスキマ風防止テープを貼ったり、断熱シートを貼ることで寒さを軽減できます。

 

窓のスキマ風対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

窓の下部を覆うタイプの断熱シートですが、想像以上に冷気を遮断してくれます。

ハサミでカットしてサイズ調節ができるので、どんな大きさの窓にも活用できますよ。

Amazonレビュー抜粋:
・節電にもなるのでおすすめ
・これだけでこんなに変わるの!?と思うほど、うちではかなり防寒になってます!

リビングイン階段の寒さ対策

「デザイン性の高さ」や「子供とのコミュニケーション」などを目的に、リビングイン階段を導入する家が増えています。

様々なメリットがある一方で、暖房効率が悪いというデメリットに悩まされる方も多数。

正直、寒くなる事はどうしようもない事実なので、やれる対策をやり切るしかありません。

 

リビングイン階段の寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

暖かい空気は上に(2階へ)登っていくので、1階リビングの暖房効率を上げるには、空気の循環をよくする必要があります。

後付け可能なシーリングファンを天井に設置するのも一つの手段です。

また、2階へ流れてしまう空気を循環させる為に、階段上部から小型サーキュレーターで風を送るのも効果的ですよ!

Amazonレビュー抜粋:
・エアコンの効きが良くなりました。早く購入すればよかったです。
・取り付けに少し手間取りましたが、音も気にならない程度で、風が気持ちよく、購入してよかったです。

足元の寒さ対策

家でゆったりしていても、寒い日はとにかく足元が冷えますよね。

足は血流を整えるために重要なパーツとなっており、ふくらはぎは「第二の心臓」と呼ばれています。
※出典:明和株式会社「「ふくらはぎ」は第二の心臓!かかとを浮かすストレッチで全身の血流改善

足元を温めることが、身体をぽかぽかさせる要因にもなってきますよ。

 

足元の寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

足の血流をよくするには、日々のマッサージ湯船へ浸かるなどのケアが大切です。

そして、冷たいフローリングに直接さらさないように、ルームシューズをしっかりと履きましょう。

シンプルなデザインで、大小さまざまなサイズがあるCOFACEのルームシューズは、男女共に人気のアイテムですよ!

Amazonレビュー抜粋:
・足首まで覆ってくれてとても暖かい。
・軽くて薄くて柔らかくて良かったです。滑り止め効果も備えてあり良かったです。

冬の在宅勤務の寒さ対策

感染症の影響によって、在宅勤務・テレワークを導入する会社が増えてきました。

暖房を付けっぱなしにすると電気代がかかるし、かといって寒さ対策ゼロだと仕事に集中できません。

仕事をしているデスク周りを温めたり、手先や足元などの身体を直接温めるなど、工夫が必要ですよね。

 

冬の在宅勤務における寒さ対策については、コチラの記事で詳細をまとめています。

 

デスク周りの空気を温めたい方は、卓上サイズのヒーターがおすすめ。

また、足元に置くこともできるので、冷えている場所をピンポイントで暖かくしてくれますよ!

Amazonレビュー抜粋:
・小型で軽量、ヒーター前はしっかり温かいです。
・会社で足元に置いています。小型ですがとても、あたたかいです。

【家の寒さ対策】寒い冬のおすすめ8選|まとめ

・玄関
・フローリング
・勝手口
・ドア
・窓
・リビングイン階段
・冷える足元
・冬の在宅勤務

一概に「家の寒さ対策」といっても、対策すべき内容は様々です。

自宅のどこが寒いのか、なぜ冷えてしまっているのか原因を把握した上で、最適な対策を講じることが大切ですね。

 

マンション・アパート・一軒家など、そして築年数によっても、家の冷え方は異なります。

あなたのご自宅にあった寒さ対策グッズを探していきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました