【休日】やる気が出ない人の特徴・原因は?|過ごし方アイディア5つ

生活

遊びたい気持ちはあるけれど、休日になるとやる気が全くでない

そんなことってありますよね。

 

たまに発生するならただの疲れだと思いますが、継続的に続いている場合は注意が必要かもしれません。

原因を特定して上手くリフレッシュを行い、心身共に充実した休日にしたいところです。

 

本記事では、休日にやる気が出ない人の原因・おすすめの行動をご紹介します。

スポンサーリンク

【休日】やる気が出ない原因は?

休日 やる気が出ない

気が付いたお昼まで寝ている
家から出たいけど気が進まない
何かしようと思っても身体が動かない

休日にやる気がない人あるあるですね。

 

平日は仕事を気力で頑張っているものの、休日になるとやる気が出ない人は多くいます。

 

休日にまったくやる気が出ない人は、「うつ症状」の入り口に立っている可能性があります。
※出典:MSNマネー「「休日何もできない」人は、うつの入口にいる 発達障害の僕がお勧めする「リラックス法」

あくまで可能性なので一概には言えませんが、そのまま放っておくと心身共にダメージを与えてしまうかもうしれません。。

 

“休日うつ”とも呼べる事象は、何が原因になっていることが多いのでしょうか?

仕事のストレスの負担が大きい

休日にやる気が出ない理由に多く挙げられるのは、仕事のストレスです。

 

筆者も一時期は仕事のストレスで不眠症を患い、心のストレスが身体にも影響する事を実感しました。

処方箋や仕事のペースを変える事で2、3ヶ月で元に戻りましたが、そのまま仕事を継続せざるを得ない人もいると思います。

あなたも気付かないうちに、ココロと身体が悲鳴を上げているかもしれません。

 

この世の中には、仕事に関する考え方が二つあります。

・仕事をするために、生活している
・生活をするために、仕事している

筆者は、圧倒的に後者です。

 

あなたも、生活をするために仕事をしていたにも関わらず、気付けば仕事をするために生活をしていませんか?

疲れた時は無理をせずに、休職や異動・転職も一つの選択肢として考えましょう。

平日に肉体が疲れすぎている

ココロだけでなく、単純に身体が疲れすぎていませんか?

 

肉体労働のお仕事だけでなく、デスクワークでも残業が多く睡眠時間が取れていないなど、身体への負担は様々です。

特に、20代と同じペースで仕事をしていると、徐々に身体を壊していきます。

 

働き方改革や在宅勤務の推進が行われている令和の時代、過度な長時間労働は何も意味をなしません。

適度な睡眠、入浴、運動、食事など、当たり前の日常を少しずつ見直す意識が大切です。

趣味が一つも無い

休日にやる気が出ない=休日にやる事がない

こう言い換えることができます。

 

学生の頃は仲間と趣味に打ち込んだ人も、歳を重ねるにつれて無趣味になってしまうことも。

筆者は30代に差し掛かかり、最近はガーデニングなど新しい趣味を見つけています。

 

今から新しい趣味を始めるのは遅いかも…?と考えるのはもったいないです。

生きている限り、新しい挑戦に遅いことなどありません。

 

大人から始められる趣味コチラの記事でご紹介しています。

【休日】やる気が出ない日の過ごし方アイディア5つ

休日 やる気が出ない 過ごし方

休日にやる気が出ない人にとって、いきなり派手に遊ぶことは難しい提案です。

やる気を起こすために、少しずつ、一歩ずつできることをご紹介します。

 

ココロと身体を共にケアしながら、豊かな休日を過ごしていきましょう。

「今日は休む日」という行動

ココロと身体が疲れていると、やる気がない状態に罪悪感を感じてしまいます。

 

そんな方は、「今日は何もしない」という行動をしましょう。

ゴロゴロダラダラすることは一つの意思を持った行動で、あなたの身体を癒すために大切です。

 

「何もしない行動」をしていると考えるだけで、気持ちが少しラクになりますよ。

まずは、気持ちの整理から始めていきましょう。

マッサージ・整体へ行く

マッサージや整体はココロと身体を癒してくれます。

 

始めていくお店は緊張してしまうかもしれませんが、お気に入りの店舗を見つけたら通ってしまいますよ。

コロナ禍になって頻繁に行けなくなりましたが、筆者は隔週~月1ペースで整体で癒されていました。

 

「マッサージ師が話しかけてきて嫌だ…」と思う人もいるかもしれません。

お客さんのタイプを見て会話をすべきか否か判断しているマッサージ師さんが多いので、気にする必要ありません

 

たまにはゆったり横になって、身を委ねてはいかがでしょうか。

近所の行ったことない場所へ散歩

身体を動かすことの第一歩として、「近所の散歩」は気分転換に最高です。

 

通勤やスーパー・コンビニへ行くためのルートではなく、日常的に使っていない近所の道を散策していきましょう!

意外と知らない驚くべき発見がありますよ。

 

目的地を設定するならば、自宅から30分~1時間以内で行ける、まだ行ったことない公園がおススメ。

到着した後はベンチでゆったりして、風を感じて下さい。

適度なウォーキングは運動不足の解消になり、睡眠の質を向上させる働きがあります。
※出典:保健指導リソースガイド「睡眠の質を改善する秘訣はウォーキング

 

自分が住む街の新しい発見があると、「次はあそこへ行ってみよう」と気分もノッてきますよ。

一人カラオケでストレス発散

やる気は出ないけど、モヤモヤしている何かがある…

「一人カラオケ」はストレス発散に最高ですよ!!!

 

わざわざ都心に出てカラオケをしに行くのは、面倒くさくなってしまいます。

一人カラオケは、最寄り駅または近くにカラオケ店がある方に、おススメしたい手法です。

 

初めて行った時は緊張するかもしれませんが、昼帯は一人カラオケ勢が7-8割を占めています。

誰にも気を遣わずに好きな曲を歌える快感は、一度味わってしまうと中々抜けることはできません。

 

一人カラオケに始めていく方は、コチラの記事も参考にしてください。

 

また、最近はNintendo SwitchやPlayStationを使用した、自宅カラオケも人気です。

家から一歩も出ないでカラオケができるのは、嬉しいですよね!しかも意外と安い。

料理をつくる

自宅で誰もができるストレス発散方法といえば、料理です。

「そもそも材料を買いに行くのが面倒くさいよ~」と思ってしまいますよね。

 

筆者が進めたい料理は、ラーメンスープづくりです。

唐突にどうした!?と思うかもしれませんが、以下の理由から休日の暇つぶしに最高だと思っています。

・時間をかけてゆっくり作れる
・基本的な材料はお取り寄せ可能
・シンプルだから味の追求が永遠に可能

 

鶏ガラはネットで注文可能ですし、最近は鶏ガラスープの作り方を公開しているYouTubeチャンネルも増えています。

自分で試行錯誤して作るラーメンは、喜びもひとしおですよ。

【休日】やる気が出ない人の過ごし方アイディア5つ|まとめ

・「今日は休む日」という行動
・マッサージ、整体へ行く
・近所の行ったことない場所を散歩
・一人カラオケで歌いまくる
・料理をしてみる

仕事や人間関係で疲れてしまい休日にやる気が起きない方は、”週末うつ”の入り口に立っているかもしれません。

まずは心身ともにゆっくり休めて、少しずつストレス発散の行動を取っていけるようにしましょう。

焦らずまずはゆっくり休むことが大切です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました