【2020年】新年の目標と抱負を一言で決める|例文まとめ10選【仕事編】

今年の目標 抱負 仕事仕事

年末は大掃除をして気持ちを綺麗にする。

年が明けたら、今年の目標や抱負を決めて新たなスタートを切る。

年末年始は気持ちの切り替えをしやすい時期ですよね。

 

実家に集まった際や、会社の新年会で「今年の抱負は?目標は?」と聞かれることも多いでしょう。

あなたは仕事における、今年の抱負や目標を決めていますか?

目指す先が固まっていることで、新たなチャレンジや自己成長を実感することができます。

 

抱負や目標を決めるって難しい…

とお困りの方は必見!

本記事では、新年に掲げやすい抱負や目標を10個ピックアップしました。

こんなヒト向けの記事:
・今年の目標に悩んでいる
・新年の抱負と言われても…
・何も決めずに新年を迎えている

>>新年の目標【プライベート編】はコチラ<<

スポンサーリンク

【2020年】新年の目標と抱負|例文まとめ10選【仕事編】

では、仕事における目標や抱負はどのように決めていけばよいでしょうか。

 

目標や抱負を決める上で、考えなければならないことが2つ

・”昨年できなかったこと”を目標にする

・”達成した” or “達成していない” が判断できる

すぐ達成できる中途半端な抱負を掲げても、自分自身の記憶にさえ残りません。

 

そして、年末に振り返った時に“達成したな”と誰が見ても分かる目標にしましょう。

<良い例>
「月収20万円を、月収23万円にする!」

<悪い例>
「効率的な仕事が苦手なので、時間の使い方を上手くする!」

後者に関しては感覚的に分かるかもしれませんが、1年前と比べて時間の使い方が上手くなったか判断できないですよね。。

新年なので思い切った抱負や目標を、具体的に公言していきましょう!

 

それでは、仕事の抱負や目標におけるアイディアを10コ紹介します。

今年の目標①「社内で表彰される」

会社内で表彰制度がある場合は、受賞することがモチベーションになりますよね!

筆者の会社でも半期に1回、この様な表彰制度があります。

・「新人賞」
・「チーム賞」
・「マネージャー賞」
・「プレイヤー賞」

会社によっては金一封や副賞が出るところもありますので、是非取りたいところです。

今年の目標②「大型プロジェクトを成功させる」

仕事で大きな案件を抱えている場合、逃げずに最後までやり切ることを抱負としてしまいましょう。

1年間かかってやり切るレベルの案件を最後までやり通して、結果もついて来れば最高です。

まだ現時点でそういった仕事がない人は、社内で公募がかかった際に手を上げるなどの行動をしてみませんか。

今年の目標③「資格を取得する」

働いていたり子育てをしていると、日々勉強をする時間を中々取ることができません。

取りたいと思っているけど取れていない、仕事の幅を広げるための資格の取得を目指してはいかがでしょうか。

最近はオンラインでの資格勉強プログラムも充実しているので、時間の合間を縫って自宅や移動時間に勉強する事もできます。

月額980円で30講座以上が受け放題になる、”オンスク.jp”といったサービスも嬉しいところですね。

月額定額サービス【ウケホーダイ】

今年の目標④「昇格する」

会社員である以上、給料を上げたいですよね。

そのための一つの手段として、昇格を目標に掲げてはいかがでしょうか。

口に出して上司に伝えることで、自分自身の強い意志へと変換されますし、上司からのサポートも変わります。

ガムシャラに頑張るだけでなく、昇格を目指して意識を変えるだけで、見える景色も変わってきますよ。

今年の目標⑤「残業を30時間以内に抑える」

働き方改革が叫ばれている昨今。

「OpenWork残業時間レポート」によると日本の会社員の平均残業時間は28時間/月という結果に。

テレワークやフレックス制度といった、時間を有効活用する働き方も視野に入れながら、残業時間30時間以内/月を目指したいところですね!

今年の目標⑥「転職する」

いま働いている会社に不安や不満がある人は、思い切って転職活動をしてみてはいかがでしょうか。

”転職活動は腰を据えて行わなければならない”と思っている人は必見。

最近はAI転職アプリを使って、1日数分間の転職活動が行える時代です。

10万件の求人案件数を誇るAIアプリ「GLIT」は、無料で気軽に始めることができるので、忙しい会社員の方におススメです。

>>無料で「GLIT」をインストール<<

今年の目標⑦「独立する」

転職ではなく、自分自身で独立して会社を立ち上げるという一大決心。

または、フリーランスで働き始めるという人生の転機を今年の目標に掲げると、今の仕事を辞める決心がつきますね。

新年というタイミングに、自分で自分の背中を押してあげましょう。

今年の目標⑧「TOEICで+200点を取る」

国際社会化が進み、小学校でも英語教育が始まるなど、必須言語となってきている英語。

TOEICで900点以上を取ることが出来れば、日常的なビジネス会話も問題なく過ごせるでしょう。

・~395点:断片的な理解
・~495点:看板が理解できる
・~595点:短文の意思疎通
・~695点:食べ物のオーダー
・~795点:最低限のビジネス英語
・~895点:ビジネス英語
・~990点:ネイティブスピーカー

今時点の得点から+200点アップを目指して、ネイティブスピーカーになりましょう。

>>7日間無料トライアルで「Native Camp」をインストールする<<

英会話アプリNative Camp (ネイティブキャンプ)

英会話アプリNative Camp (ネイティブキャンプ)

NativeCamp Inc.無料posted withアプリーチ

今年の目標⑨「副業や投資で〇〇万円を稼ぐ」

政府は2018年の1月から「モデル就業規則」を改訂し、副業や兼業が解禁となりました。

筆者の本ブログも副業の一つですが、他にも株式投資やソーシャルレンディングへの投資などを行っています。

「会社員としての収益以外に10万円稼ぐ!」といった明確な数値を決めていくと、新たな副収入が見えてくるかもしれませんよ。

今年の目標⑩「貯金を〇〇万円にする」

給料が入るとついつい使ってしまい、貯金が全然貯まらない…という人もいると思います。

「今年こそは100万円貯金する」といった目標を掲げると、意外なムダ遣いも見えてくるでしょう。

給料から自動で別口座に天引きするなど、貯金を意識して散在しないように心がけたいところですね。

【2020年】新年の目標と抱負|例文まとめ10選【仕事編】

・社内で表彰される
・大型プロジェクトを成功させる
・資格を取得する
・昇格する
・残業を30時間以内に抑える
・転職する
・独立する
・TOEICで+200点を取る
・副業で〇〇万円を稼ぐ
・貯金を〇〇万円にする

あなたの状態にマッチした新年の目標はあったでしょうか。

多すぎても散らばってしまいますが、新年の目標は一つに限らず、3つ~5つ掲げていいと思います。

達成できるか分からないけど、達成したら気持ちがいい!という新年の目標を設定して、人生を豊かに進んでいきましょう!

おススメ記事:
年末年始の暇つぶし30選
年末年始の贅沢グルメ10選
新年の抱負例文10選【プライベート編】
行きたくない義実家で過ごすアイディア5選
新たな風物詩”年明けうどん”とは
正月休み明けの仕事始めを乗り切るには

コメント

タイトルとURLをコピーしました