ポルノグラフィティ20周年ライブ感想【ロッキン~神VS神】Part3

ポルノグラフィティ 20周年イヤー3音楽

2018年9月~2019年9月を20周年イヤーとして、精力的に活動していたポルノグラフィティ。

本記事は、ポルノグラフィティの20周年イヤーを振り返る、Part3記事になります。

 

※Part1記事はコチラ※

※Part2記事はコチラ※

Part3記事では「ROCK IN JAPAN 2019」参戦と、東京ドームライブ「神VS神」をまとめていきます。

こんなヒト向けの記事:
・ポルノグラフィティが好き
・20周年イヤーのライブに参戦した
・最近ポルノグラフィティを好きになった
スポンサーリンク

【ポルノグラフィティ】20周年イヤーの軌跡|Part3

それでは早速、2019年8月に参戦した「ROCK IN JAPAN 2019」から振り返っていきます。

2019年8月:「ROCK IN JAPAN 2019」

2019年8月12日(月・祝)の「ROCK IN JAPAN 2019」に参戦したポルノグラフィティ。

日本最大級の音楽フェスで、ポルノグラフィティは2017年の初参戦以来、2年ぶり2回目。

メイン会場となる「GRASS STAGE」での演奏となりました。

 

こうしたロックフェスには精力的に参加していないポルノグラフィティですが、そのパフォーマンスは圧巻。

「ポルノとかただのベテランのバンドだろ…」的に思っていた会場の何千人、何万人の心を、一気に惹きこんでいきましたね。

 

「ROCK IN JAPAN 2019」ポルノグラフィティのセットリストはこちら

1メリッサ
2ハネウマライダー
3サウダージ
4カメレオン・レンズ
5Zombies are standing out
6THE DAY
7アゲハ蝶
8ミュージック・アワー

フェスということで、誰もが知っている王道曲がセトリの中心ですが、チャレンジな2曲も。

まさかROCK IN JAPANで「カメレオン・レンズ」をやるとは誰も予想できていなかったでしょう。

こんなにお洒落でダークで大人な曲を、真夏の昼過ぎの野外で数万人の前で。。!

 

そして2018年にリリースした新曲の「Zombies are standing out」も続けて演奏。

ファン以外は知らない人が多数だったと思いますが、ROCK IN JAPANの名にふさわしい、激しいパフォーマンスを見せてくれました。最高です。

 

「ROCK IN JAPAN 2019」の詳しいライブレポートは、以下の記事でまとめています!

1曲ずつ余すことなく会場で聴いた感想をまとめているので、是非ご覧ください。

2019年9月:NIPPONロマンスポルノ「神VS神」

ついに20周年イヤーの最後を締めくくるライブがやってきました。

2019年9月7日(土)、8日(日)に東京ドームにて行われた2Daysライブ「神VS神」

 

2Daysのそれぞれのセットリストが異なるという、過去にはない異例のライブとなりました。

ポルノグラフィティの20年間を語るには、単日分のセトリじゃ足りねぇ!という強い気持ちが伝わった渾身のセトリ、そして圧巻のパフォーマンス。

長年のファンである程、涙腺が緩むシーンも多かったと思います。。

1日目:「神VS神」

横浜アリーナで発表してから6か月!ついに本番を迎えます。

 

開場14時半、開演16時半というスケジュールでしたが、何といっても朝からグッズ購入に長蛇の列が。

Tシャツやタオルなど人気グッズはすぐに売切になってしまうほどの盛況ぶりで、もう少しグッズの在庫を充実して欲しかったという声も多かったですね。

ポルノグラフィティって謙虚で自分たちの事を過小評価しすぎなんですよね、もっと自信もっていいですよ。笑

 

そして、「神VS神」1日目のセットリストはこちら。

1プッシュプレイ
2メリッサ
3THE DAY
4ミュージック・アワー(メドレー)
5マシンガントーク(メドレー)
6ヴォイス(メドレー)
7狼(メドレー)
8ミュージック・アワー(メドレー)
9アポロ
10グラヴィティ
11Twilight,トワイライト
12Theme of ”74ers”
13n.t.(弾き語り)
14Hey Mama
15
16俺たちのセレブレーション
17ジレンマ
18愛が呼ぶほうへ
19ラック
20キング&クイーン
21Mugen
22ネオメロドラマティック
23ハネウマライダー
24アゲハ蝶
25VS
26オー!リバル
27Before Century→Century Lovers
28ライラ

 

「n.t.」「グラヴィティ」「Twilight,トワイライト」といった意外な選曲も光った1日目。

しかし、20周年のポルノグラフィティの今を表現するためのピースが、見事に重なりあったセトリでした。

 

1日目のトピックスをまとめてみました。

・「プッシュプレイ」と「VS」の対比からスタート

・本間昭光(ak.homma)さんがゲスト登場

・本間さんが話止まらずみんな焦る

・会場全員でHappyBirthDayを歌う

・幻想的な雰囲気からのTheme of”74ers”で涙

・昭仁さんソロパート「n.t.」で魂の叫びが届く

・晴一さんの「Hey Mama」で沸き立つ会場

・FIRE HORNSとの完璧なMugen

・東京ドームでの”タオル回し”と”ラララ♪”は圧巻

・「オー!リバル」で晴一さんにディーンフジオカ降臨

・「ライラ」のウルトラソウル!で大歓声

正直、簡単に書くレベルのレポートではないので、以下の記事にて計15,000文字を超えるライブレポートをまとめています。 

「神VS神」1日目の詳細なライブレポートはこちらの記事をご覧ください。

 

ポルノグラフィティのファンでよかった!と心から思える3時間でした。

2日目「神VS神」

ついにこの日が来てしまった…と思いながら東京ドームへ向かった2日目。

最高のライブになることは間違いないのですが、今日が終われば20周年イヤーの濃密な1年間が終わってしまうという寂しさも込み上げました。

 

しかし、そんな気持ちも吹っ飛ばす最高のセトリとパフォーマンスを魅せてくれました!

「神VS神」2日目のセットリストはこちら。

1プッシュプレイ
2Mugen
3THE DAY
4ミュージック・アワー(メドレー)
5マシンガントーク(メドレー)
6ヴォイス(メドレー)
7狼(メドレー)
8ミュージック・アワー(メドレー)
9アポロ
10n.t.
11Twilight,トワイライト
12Theme of ”74ers”
13瞳の奥をのぞかせて
14ウェンディの薄い文字
15リンク
16サウダージ
17ブレス
18愛が呼ぶほうへ
19Zombies are standing out
20サボテン
21ヒトリノ夜
22瞬く星の下で
23ハネウマライダー
24アゲハ蝶
25VS
26オー!リバル
27Before Century→Century Lovers
28ライラ

 

両日セトリに入っている「愛が呼ぶほうへ」は、1日目はFire Honesと、2日目はNAOTO Stringsと共に演奏し、アレンジを変更して演奏されました。

 

セトリだけ見ると、シングル曲が多いな…という印象かもしれませんが、アレンジの変更や演出に工夫が凝らされており、単なるヒット曲の詰め合わせではありませんでした。

CD音源という作品だけではなく、生演奏のライブを通じて、20年間のポルノグラフィティのすべてを表現してくれたセトリだったのではないでしょうか。

 

2日目のトピックスをまとめてみました。

・2日目はセンターステージがら登場

・同じく「VS」の対比「プッシュプレイ」からスタート

・本間昭光(ak.homma)さんがゲスト登場

・デビュー当時、昭仁さんは針金入りのスカーフを付ける

・「アポロ」は本間さんのピアノの音が出ないトラブル

・2日目も演奏された「n.t.」と「Twilight,トワイライト」

・NAOTOさんの登場にTwitter世界1位トレンド獲得

・「ウェンディ」の晴一さんは少し緊張していた

・NAOTOストリングスとの「愛が呼ぶほうへ」泣ける

・「ブレス」を聴いてしまなみの想いが浄化される

・昭仁さんがなかなか脱げないジャケットかわいい

・昭仁さん「ハネウマライダー」で感謝の正拳突きおやじと化す

・真助さんが最後の挨拶で男泣き。それにもらい泣き

・本間さん「休んでもいいからとにかく続けて下さい。それがきっとみんなの想いだと思う」

・最後はビールで乾杯し、二人は友達

3時間が濃密でおなか一杯すぎて、2日目に関しても計15,000文字のライブレポートをまとめています。

「神VS神」2日目の詳細なライブレポートはこちらの記事をご覧ください。

 

まずはゆっくり休んで、次は25周年に向けて走り続けて下さい!

21年目を迎えたポルノグラフィティ

「神VS神」が終わって一息つき、歴代のスタッフさんたちからお祝いを受けたお二人。

その時、ファンをざわつかせた衝撃の写真が。。

昭仁さんと晴一さんが肩組んでいるツーショット写真!!

しかも昭仁さんが照れ隠しで変な顔してる!!

晴一さんは意外とストレートにちょい笑顔!!

 

ロックバンドは仲悪い方が格好いい的な考えがあるようですが(特に晴一さんw)最近は仲睦まじくなり過ぎじゃないですかね。

ダウンタウンの松本さんが、5周くらい回って浜田さんのこと大好きな感じと似てきました。笑

元々は友達ですがビジネスパートナーでもあるし、馴れ合いになるのも嫌なのでしょう。

学生時代から30年近く一緒にいれば、楽しいときも嫌な時だってあったと思います。

そのすべてを乗り越えて今があるお二人の絆は、東京ドームで晴一さんが自然と昭仁さんにした握手と、会場の真ん中で座ってビールを飲んでいた笑顔を見れば、グッと伝わるものがありましたね。

 

さて、21年目を迎えたポルノグラフィティですが、今後の活動はどうなるのでしょうか。

2019年10月14日時点では、新曲やライブの情報はまだ入っていません。

次の活動に向けて、きっと作戦会議やレコーディングをしていることでしょう!

 

4年周期のファンクラブ向けライブ「FUN CLUB UNDER WORLD」が2020年に行われるはず…!と予想しています。

また、オリジナルアルバムは 2017年10月にリリースした「BUTTERFLY EFFECT」がラストです。

2年以上振りのアルバムも、2020年に期待したいところですね!

【ポルノグラフィティ】20周年イヤーの軌跡|Part3 まとめ

・2019年8月「ROCK IN JAPAN 2019」に参戦
・2019年9月7日(土)「神VS神」1日目
・2019年9月8日(日)「神VS神」2日目
・肩組みの衝撃的ツーショット写真が公開

本当に濃密な1年間の20周年イヤーでした。

ファンのことを第一に考えてくれるポルノグラフィティだからこそ、豪雨で中止となった「しまなみロマンスポルノ」を経て、更にパワーアップした様に感じられました。

21年目を迎えたポルノグラフィティがどんなことをしてくれるのか、今から楽しみで仕方ありません。

コメント

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました