ポルノグラフィティ20周年ライブ感想【UNFADED~VS】Part2

ポルノグラフィティ 20周年イヤー2音楽

2018年9月~2019年9月を20周年イヤーとして、精力的に活動していたポルノグラフィティ。

 

本記事は、ポルノグラフィティの20周年イヤーを振り返る、Part2記事になります。

Part1記事はコチラになるので、まだ読んでいない方は是非ご覧ください。

Part2記事では「UNFADED」ツアーからまとめていきます。

こんなヒト向けの記事:
・ポルノグラフィティが好き
・最近ポルノグラフィティを好きになった
・20周年イヤーを振り返りたい
スポンサーリンク

【ポルノグラフィティ】20周年イヤーの軌跡|Part2

それでは早速、3か月間に渡って開催された「UNFADED」ツアーから振り返っていきます。

2018年12月~2019年3月:「UNFADED」ツアー

16回目のライブサーキットとして、12月15日の静岡エコパアリーナから始まり、3月17日の三重県営サンアリーナまで、3か月間に渡って開催されました。

※筆者は静岡2Daysと横浜アリーナ1Dayに参加。

 

「UNFADED」とは「色あせない」という意味。

デビューから20年経つ自分たちの楽曲は色あせていないのか?という想いが込められたツアーです。

 

というのも、2018年にポルノグラフィティの楽曲は、サブスクリプション配信がスタート。

シングル曲もアルバム曲も、分け隔てなく手に取ることができる環境になり、どの曲にも新たな価値が生まれました。

そうした背景もあり、「UNFADED」ツアーは昔の楽曲も多く演奏されるセトリ構成でしたね。

1オレ、天使
2A New Day
3幸せについて本気出して考えてみた
4東京ランドスケープ
5ジョバイロ
6ヴィンテージ or Swing
7前夜
8ビタースイート
9ライオン or DON’T CALL ME CRAZY
10Zombies are standing out
11見つめている(弾き語り)
12夕陽と星空と僕
13didgedilli
14カメレオン・レンズ
15海月
16フラワー
17オー!リバル
18ジレンマ
19パレット
20サウダージ
21ハネウマライダー
22∠RECEIVER
23Hard Days,Holy Night or タネウマライダー
24ライラ

 

「オレ、天使」のイントロで鳥肌止まりませんでした。

そして、唐突な「Swing」に歓喜し、定番曲で盛り上がりながら、最後は「∠RECEIVER」が心に刺さる…

20周年を彩るにふさわしい、最高に色あせないセットリストと演出でした。

 

これまで歴代ライブの大トリを飾ってきたジレンマではなく、新曲ライラ」を大トリに持ってきたというのは大きなポイントでしたね!

東京ドームライブ「神VS神」でも大トリだったので、これからの定番になることでしょう。

楽しく騒いで自由度の高い、新しいポルノグラフィティの定番が誕生しましたね。

 

そして、20周年の締めを飾る東京ドームライブの開催が発表されたのは、「UNFADED」の横浜アリーナ公演。

運のいいことに筆者は会場にいました!

昭仁さんの「お知らせがあります!」というMCと共に映像が流れ、「東京ドーム!2Days!」とモニターに移された時の会場の熱気…

いやー、最高の発表でした。

2019年6月:「Amuse Fes in MAKUHARI 2019」

2019年6月1日(土)幕張メッセにて開催された「Amuse Fes in MAKUHARI 2019」に参戦。

所属事務所のアミューズのアーティストのみが出演する、毎年恒例のアットホームなフェスです。

「高橋優」「Perfume」「flumpool」など、今年もお馴染みの豪華メンバーが勢ぞろいでした。

 

アミューズフェスの見どころは、やはりコラボ企画

他のアーティストさんと一緒に歌って演奏するので、いつ昭仁さんや晴一さんが出てくるか分かりません。

今年はflumpoolの「星に願いを」歌っていて、最高だったなぁ…

 

そして、ポルノグラフィティのセットリストはこちら。

1電光石火
2PRISON MANSION
3サウダージ
4愛が呼ぶほうへ
5カルマの坂
6フラワー
7ミュージック・アワー
8アポロ

衝撃的な2曲が並ぶセトリで、ファンからは悲鳴に近い歓声が出ていましたね。

 

2019年のAmuse Fesのサブタイトルは「愛とか恋とか」。

基本的に恋愛ソングを歌うという縛りの中、まったく関係ない「PRISON MANSION」をぶっこんでくる奇想天外なポルノさん(褒め言葉)

 

そして極めつけは「カルマの坂」でしょう。

アルバム曲ですが、ファンの間では隠れた名曲として大人気の楽曲。

ワンマンライブでも10年近く演奏されない曲を突然演奏し、イントロが流れると会場からは歓声が。そして鳥肌が。※本間祭で数年前に演奏あり

あまりにも衝撃的すぎて、ライブ終了後に「カルマの坂」がTwitter日本のトレンドになる始末。

いち会場のライブで1曲演奏しただけでトレンド入りって、どれだけ演奏を待ちわびられていた楽曲なのよ。

 

完璧なセトリで東京ドームへの期待値が上がった、Amuse Fesでした。

2019年7月:Single「VS」

2019年7月31日に記念すべき50作品目のシングルとして、「VS」がリリースされました。

あだち充原作のTVアニメ「MIX」の7月期のオープニング曲に起用。

 

「VS」過去の自分自身との対比を表現しています。

夢を描いていた少年時代の想いは叶えられているのか?

20周年を歩んできた今のポルノグラフィティでしか書けない、最高の1曲ですよね。

「あの少年よ、こっちも闘ってんだよ」という、プッシュプレイの歌詞との対比も素晴らしく、東京ドームライブの演出は感極まりました。

記念すべき50枚目にふさわしい名曲が、ここに誕生です。

【ポルノグラフィティ】20周年イヤーの軌跡|Part2 まとめ

・2018年12月~2019年3月:「UNFADED」ツアー
・2019年6月:「Amuse Fes 2019」
・2019年7月:「VS」リリース

2018年12月~2019年7月までの内容をまとめました。

ここから「ROCK IN JAPAN 2019」に参戦し、20周年イヤーを締めくくる東京ドームライブ「神VS神」へと続いていきます。

※「ROCK IN JAPAN」「神VS神」をまとめている、Part3記事はコチラ※

コメント

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました