【ミュージックアワーの変な踊り】ポルノグラフィティのライブ定番は?

ポルノグラフィティライブお約束アイキャッチ音楽

初参戦のライブって緊張する…

そんな経験ありませんか?

 

アーティストのライブにおいて、コール&レスポンスなどの“お決まり”や”定番”はつき物です。

「えっ!?何そのお決まり、知らない!w」といった経験を私もした事があります。

 

本記事では、ポルノグラフィティのライブにおける”お決まり”や”定番”をまとめました。

「ミュージック・アワーの変な踊り」以外にも色々とあるのです!

 

ポルノグラフィティ関係なく、音楽ライブに行った事がない方は、こちらの記事もご参考ください。

スポンサーリンク

【初参戦でも大丈夫】ポルノグラフィティのライブお約束事を予習

ポルノグラフィティのライブに初参戦する際に絶対に戸惑う場面と、聞いておくべきコール&レスポンシブがある楽曲をまとめていきます。

nang-changへのブーイング

ライブ

これ!
初参戦を殺すNo,1の”お約束”です。

きっとこれまでも何人もの新参者が戸惑ったことでしょう・・・

 

ポルノグラフィティは2名(ボーカル、ギター)なので、ベースやドラムなどの楽器はサポートミュージシャンが演奏しています。

昭仁さんからサポートミュージシャンを紹介する流れが毎回あるのですが、そこに初参戦を殺す罠が待っています。笑

 

ここで、2018~2019年に行われたツアーのサポートミュージシャンを振り返ってみます。

Dr. 野崎真助さん
Ba. 須長和広さん
Gt. tasukuさん
Key. 皆川真人さん
Mp. nang-changさん

須長さん、皆川さんは最近ご一緒にやられ始めましたが、真助さん、tasukuさん、nang-changさんはファンにはお馴染みのサポートメンバーです。

ライブの中盤~終盤あたりに昭仁さんから
「ではここで、改めてサポートミュージシャンを紹介します!!」とMCが入ります。

 

昭仁「onドラムー!まーすけーーーー!」
観客「ワーーーーー!(パチパチ)」

 

昭仁「onギター!たーすくーーーー!」
観客「ワーーーーー!(パチパチ)」

 

昭仁「onマニピュレート!なーんちゃーん!」

観客「ブーーーーーーーーーー!(ブーイング)」

と、nang-changには全力でブーイングを浴びせます。笑

毎回、8割のブーイングと2割の拍手が会場に響き渡ります。

 

昭仁「onマニピュレート!なーんちゃーんーーー!」
観客「わー!(パチパ…)(えっ、なんでブーイングしてんの)

といった具合に、2割の初参戦組がここで殺されます。笑

 

これは、2008年のライブのときに、nang-changが自ら「ブーイングを浴びたい」と伝えたことから始まっています。

nang-changの紹介には、忘れずに全力でブーイングを浴びせてあげてください^^

 

では、ここからはライブで演奏する頻度の多い定番コール&レスポンスをご紹介します。

「ミュージック・アワー」の変な踊り

これが、ポルノグラフィティのライブ「THE 定番」かもしれませんね。

 

サビで観客全員で手を動かして、「ミュージック・アワー」で”変な踊り”を踊ります!笑

この動画の1分10秒~あたりからです。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『ミュージックアワー』(つま恋ロマンスポルノ’11~ポルノ丸)

 

右手を挙げて、以下を繰り返すだけです!

「左から右」×2
「上から下」×2

何も難しいことはありません。

 

会場が一体になってバカ騒ぎしてる空間、最高です!

ミュージックアワーでは、恥ずかしがらずに全力で“変な踊り”をしましょう!

「ハネウマライダー」のタオル振り回し

「ハネウマライダー」の前奏とサビで、タオルをぶんぶん振り回します。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『ハネウマライダー』(横浜ロマンスポルノ’06~キャッチザハネウマ~)

 

タオルはツアーグッズで毎回販売をしているので、持っていない方は是非買って参戦しましょう!

観客を見ると、すごく昔のツアーのタオルを持参している方もいらっしゃって、「長年のファンなんだなぁ、あの方は」としみじみ感じることもあります。笑

 

ハネウマライダーのギター前奏を合図に、ピョンピョン跳ねながら全力でタオルを回しまくりましょう!

会場の一体感エグイです。

「Century Lovers」の前振り

通称「Before Century」と呼びますが、「Century Lovers」という曲に入る前に数分間のコール&レスポンスを行うことがあります。

コール&レスポンスなので、基本は昭仁さんに身を委ねればいいのですが、掛け声は「フゥー!フゥー!」です。

 

昭仁「エーブリバーディ、セーイ!」
観客「フゥー!フゥー!」

昭仁「エーブリバーディ、男!」
男「フゥー!フゥー!」

という感じで暫く続きます^^(エブリバディ男、ってなんだろう…といつも思いますがw)

全力でフゥーフゥーしちゃって下さい!

「アゲハ蝶」のラララ~♪

2番のサビ後、最後のサビに行くまでに観客全員で「ラララ~」と歌います。

この動画の3分40秒~あたりからです。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『アゲハ蝶』(つま恋ロマンスポルノ’11~ポルノ丸)

 

CDを聞いた事がある人なら分かると思いますが、後ろのコーラス?を観客全員で歌います。

これも昭仁さんが主導でやるので基本は身を委ねれば問題ありません。

 

会場全体で声を思いっきり出している時の一体感は、ヤバイです。

恥ずかしがらず、「アゲハ蝶」では全力で声を出しちゃって下さい!

「ジレンマ」

これはコール&レスポンスとかではないですが、ライブの終盤やトリで歌われることの多い楽曲なので、事前に聞いておくと吉です。

2018年以降は大トリではなく、ライブの中盤~終盤にかけて演奏されるケースが増えてきました。

 

「ジレンマ」はポルノグラフィティがインディーズ時代からある楽曲で、20年以上前から演奏され続けています。

20歳そこらで作った曲が45歳になっても演奏されているというのは、なんだか感慨深いですよね。。

 

サビでは手を横に振って会場が一体となります!

2018年以降の大トリ「ライラ」

デビューからずっとライブの大トリは、先ほど記載の「ジレンマ」でした。

しかし、2018年のUNFADEDツアーおよび、20周年記念の東京ドームライブ神VS神では、「ライラ」が大トリを占めることになりました。

 

この曲は初めて聞いた時、「どうした!?ポルノ!?」と界隈がざわついた楽曲。笑

・謎の異国情緒のメロディ
・昭仁さんの語りが突然はじまる
・サビは「ライララ ライララ ライララ…」のみ

これがもう、ライブで聴くのは楽しいのなんの!

「スパシーバー!」とか合いの手をかけるところがあるんですが、難しすぎてみんな出来ていないという…w

とにかく最後はみんなでバカ騒ぎする!そんな楽曲なので、是非聞いてから参戦してください。

 

ライブではCD音源よりもメロディが少し遅いので、ご注意を!

服装はどんな格好で行けばいい?

LIVE

絶対にこの格好で行かないといけない!というルールは何もないですが、周りは以下のような格好が多いので、ご参考まで!

服装
上:できればグッズTシャツ
下:最低限の動きやすい格好
靴:できればスニーカー
その他
タオル:グッズのタオルだと尚よし(ハネウマライダーで振り回すかもしれない)
飲み物:500mlペットボトルは用意
ペンライト:禁止

要は、通常のライブと特段変わりはありません!

音楽ライブに行くことが初めてな人は、“動きやすい格好で行けばいいんだな”と思っていれば大丈夫です。

まとめ

・nang-changへのブーイング
・ミュージック・アワーの変な踊り
・ハネウマライダーのタオル振り回し
・Century Loversの前振り
・アゲハ蝶のラララ~♪
・ジレンマは聞いておきましょう
・ライラで騒ぐ準備はしておきましょう

・服装は動きやすい格好で、Tシャツとタオルはグッズ買えればベスト

最後に、ポルノグラフィティのライブは本当に楽しいです!

色々と書きましたが、ぶっちゃけ何も知らないで参戦しても、満足度500%で帰ると思います。

 

スガシカオさんもポルノグラフィティのファン(友達)で、ライブに行くたびに感想をTweetをしています。

少しでもポルノさんのライブに興味を持ってもらえたら幸いです。

“変な踊り”とタオルを回して、声を出して一緒にバカ騒ぎましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました