好きなアーティストのライブは絶対に行くべき!価値観が変わる

音楽ライブ アーティスト音楽

アーティストのライブっていいですよね。

一般社団法人コンサートプロモーターズ協会(ACPC)の調査によると、2018年のライブ公演数は「31,482本」、入場者数は「4,862万人」となっています。

これは、10年前の2008年の約2倍にも増加しているのです!!

仕事の悩み、日常のストレス…色々とあると思いますが、ライブに行って全力で発散できる、あの感覚。一度参加したら抜けられれません!

もし、ライブに行ったことがない!という方がいらっしゃったら、本当にもったいないです!
お金は少し高いかもしれませんが…それ以上の価値は確実にあります。

本記事では、アーティストのライブに少し興味あるけど、行ったことがない方に向けて、ライブのメリットをまとめました。
是非、ご覧下さい。

こんなヒト向けの記事:
・好きなアーティストがいる
・ライブに行くことに一歩踏み出せない
・でも興味はある

好きなアーティストのライブは絶対に行くべき!

ライブ

非現実的な空間

ライブハウス、アリーナ、ドーム、スタジアム…
ライブは様々な会場規模で開催されていますが、全てに共通して言えることは、「非現実的な空間」が味わえるということです。

では、「非現実的な空間」とは一体どうやって作られるのでしょうか?

セット/照明/映像

まず、会場に入って目に入ってくる「セット」
アーティストが表現したい世界感を舞台の上に構築します。

特にバンド系のアーティストはシンプルなセットも多いですが、最も独特なのは「SEKAI NO OWARI」ではないでしょうか。

【YouTube】SEKAI NO OWARI「Hey Ho」from『Tarkus』

すごいですねー。。この木。笑
会場が一つの非現実的空間に誘われているのが分かります。

  

RAIN(SEKAI NO OWARI)をiTunesで購入する

 

そして、セットと共通して作られるのが「照明」「映像」

ライブでは照明と映像が曲ごとに異なります。音楽が心に、照明と映像は視覚に届きます。
映像や照明を最も駆使しているのはPerfumeではないでしょうか。

【YouTube】Reframeより「FUSION」「願い」「無限未来」ノーカット版【Perfume×TECHNOLOGY】

私もライブで見たことがありますが、空間作りにおける一体感は素晴らしいと感銘を受けました!

 

Baby cruising Love(Perfume)をiTunesで購入する

 

そして、会場をつくるのは大勢の「ファン」

同じアーティストを好きな人が同じ会場に○万人集まっている!と考えただけで興奮しませんか?全員ですよ!?笑

練りに練られた音楽とセットと映像と照明、それを受ける大勢のファン。最高の空間ですね!

ライブはアーティストだけでなく、会場のファンが作るものでもあります。隣の知らないファンが楽しんでいる様子を見て、更にこっちも楽しくなっちゃいましょう^^



アーティストのキャラクターが分かる

ライブ以外ではTVの歌番組や雑誌のインタビューなどでしか見る機会がないと思います。

ライブではMCもあるため「あ、この人こんな性格だったんだ!」とキャラクターが見え、親近感が沸いてしまいます。

アーティストというと雲の上の存在であったり憧れの的ですが、ライブ会場では音楽だけでなく、その方の人間性も含めて好きになる場だと思います。

私はポルノグラフィティのファンですが、最初は音楽や圧倒的な歌唱力が魅力に感じてファンになりました。
ライブに参加していくにつれて、広島県因島出身のお二人の絶妙な田舎モノ感というか、可愛いおじさん(兄さん)というか、天然感というか、、そういう人間性までも好きになっています。(文章力がなくて伝えられません、、w)

ライブに参加すると、「この人の曲が好き!」から「この人が好き!」に変わることも多いと思います。

CDでは伝わらない魂の音

CDは声が綺麗になるよう収録されてしまっています。ライブではアーティストの生の声、魂の音を聞くことができます。

これはもう、すべてのライブに通ずるものではないでしょうか。
TV番組でも、ミュージックステーションは生放送で生歌ですが、TVから見てても生音のよさは痛感しますよね。

そして、歌が上手い人はCDよりも上手いです!

【YouTube】絶体延命「君と羊と青」

RADWIMPSのライブにも行きますが、野田洋次郎さんの作り上げる世界観と声質はすごいです。生声ならではの感動は計り知れません。

 

君と羊と青(RADWIMPS)をiTunesで購入する

フェス:新しいアーティストの魅力を知るキッカケ

最近はフェスもたくさん開催されて動員も増えています。
フジロック、ロッキンジャパン、サマーソニック、カウントダウンジャパン…etc
大手フェスだけでもかなりの数が存在しています。

フェスは知らないアーティストの魅力を知るキッカケになります。

会場が複数あり、色んなところから音楽が聞こえてきます。
最前列でもみくちゃに聴くこともできれば、お酒を飲みながら後方でゆるく音楽を聴くこともできます。

全然知らなかったアーティストの生音を聞いて「何この曲!メモしとこ!」となるケースは多いです。
また、TVでは見たことあったアーティストのMCを聞いて、人間性を好きになることもあります。

そんな新しい音楽に触れ合えるきっかけになる音楽フェス。よかったら一度は足を運んでみてください^^
好きなアーティストが1組でも出れいてば、損はないですよ!

まとめ

・セット/照明/映像が作る非日常空間が最高
・会場全員がファンという幸せ空間を堪能
・アーティストの人間性を好きになる
・やっぱりCDより生歌!
・フェスは新しい音楽に触れ合うきっかけ

ライブのチケットは8,000円前後など、特に学生さんには少し高いかもしれません。

ただ、ライブ後に「今回のライブ8,000円の価値なかったね」となったことは一度もありません。
むしろ「満足度高い、これで8,000円は安い!」といつも言っています。

最近はCDが売れなくなり、サブスクリプションが主流になっていて、アーティストの収入も減っていると聞きます。
ライブは大きな収入源なので、好きなアーティストに還元してあげたいという気持ちもあります。

是非、ライブに初参戦して音楽に触れ合ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました