【夏に聞きたい】ポルノグラフィティ夏曲まとめ【厳選10曲】

ポルノグラフィティ 夏ソング音楽

ポルノグラフィティの曲を3つ思い浮かべて下さい。

 

…1曲は夏ソングを思い浮かべたのではないでしょうか?

累計91.8万枚を売り上げた「アゲハ蝶」に代表されるように、ポルノグラフィティは夏ソングを多く歌っています。

実はシングル曲以外にもオススメの夏ソングが沢山あります!

本記事では、ポルノグラフィティの夏ソングを厳選10曲紹介します。

 

※ポルノグラフィティの季節別のおススメ曲はコチラ※

こんなヒト向けの記事:
・ポルノグラフィティが好き or 気になる
・夏に聞きたい曲を探している

【ポルノグラフィティ】夏ソングを厳選10曲

アゲハ蝶

作詞:新藤晴一
作曲:ak.homma
歌:ポルノグラフィティ

いわずもがな、ポルノグラフィティの代表曲といっても過言ではないでしょう!
今でもライブで歌われる名曲です。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『アゲハ蝶』(つま恋ロマンスポルノ’11~ポルノ丸)

失恋ソングですが、自身を旅人と表現し、 切ない心模様を「アゲハ蝶」という夏の風物詩を通して詩的に表現しています。

リズミカルな曲調と相まって、リリースから約18年経つ今もなお多くのヒトに愛されている楽曲です。

※歌詞抜粋
喜びとしてのイエロー 憂いを帯びたブルーに
世の果てに似ている漆黒の羽

アゲハ蝶の色味を心模様とリンクさせる、晴一さんらしいステキな表現方法に脱帽です。

ミュージック・アワー

作詞:新藤晴一
作曲:ak.homma
歌:ポルノグラフィティ

これも夏の王道ソングですね。笑
リリース時はポカリスウェットのCMにも起用されていた楽曲です。

【YouTube】2000年頃のCM 30秒 鈴木杏 勝地涼 ポカリスエット ポルノグラフティ

ライブでは定番の”変な踊り”をサビでみんなで行います。笑

「THE 海で聞きたい曲」ではないでしょうか?

海へ行くドライブでミュージック・アワーを爆音でかければ、全員のテンションは爆アゲ間違いなしです!

ハネウマライダー

作詞:新藤晴一
作曲:ak.homma
歌:ポルノグラフィティ

ハネウマライダーもポカリスウェットのCMで起用されていた楽曲です。
綾瀬はるかさんが出演していたので、覚えているヒトも多いのではないでしょうか。

【YouTube】綾瀬はるか : ポカリスエット (200603)

ライブでは定番の”タオル振り回し”をサビでみんなで行います。笑

ハネウマライダーの歌詞には「夏」という直接的な表現はありませんが、バイクに乗る疾走感がメロディとも相まって、爽やかな夏ソングになっています。

間違いない、王道の夏ソングです。

NaNaNaサマーガール

作詞:新藤晴一
作曲:新藤晴一
歌:ポルノグラフィティ

夏だしバカになろうぜ!という楽曲です。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『NaNaNa サマーガール(short ver.)』

「Gカップ」「ビキニと下着の違いがまだ解決してない」など、男目線のストレートな表現で歌詞が書かれています。

 

個人的にこの表現すごいなぁ…と思う歌詞がここ。

※歌詞抜粋
老いも若きも男以外は

「女」って言葉を、こんな回りくどく表現するのが晴一さんセンス。笑
いやー、素敵です。

Ohhh!!! HANABI

作詞:新藤晴一
作曲:岡野昭仁
歌:ポルノグラフィティ

とにかくワイワイ騒ぐための曲で、タイトルのとおり花火大会をイメージしています。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『Ohhh!!! HANABI』(Short Ver.)

2015年にリリースされた新しい楽曲ですが、「ミュージック・アワー」「ハネウマライダー」などと引けを劣らずの夏ソングになっています。

 

「隠れた名曲」という記事でも紹介したので、気になる方はこちらもご覧下さい。

社員 on the beach

作詞:新藤晴一
作曲:新藤晴一
歌:ポルノグラフィティ

タイトルは駄洒落です。笑
太陽の「SHINE」とサラリーマンの「社員」をかけています。

南の島、海の見えるホテル、白い砂、ビーチ…

仕事を全て終わらしてビーチに行きたい、という会社員の気持ちを表現した歌です。

サビのメロディの開放感がすごく、誰もいない綺麗な海が頭によぎってしまう、そんな夏ソングです。

サマーページ

作詞:岡野昭仁
作曲:岡野昭仁
歌:ポルノグラフィティ

少ししっとりとした、夏の曲です。

今年の夏は「君」と一緒に○○がしたい、というたくさんの想いを巡らせている歌詞になっており、夏が始まる直前に聞くべき曲です。

誰もが体験したことのある、夏の淡い恋心を思い出すのではないでしょうか。

メロディラインが爽やかなテンポで、青空が広がるような鮮やかさを感じます。

BLUE SKY

作詞:岡野昭仁
作曲:岡野昭仁
歌:ポルノグラフィティ

正確にいうと夏ソングではないと思います。笑

歌詞に「燦燦と太陽が照らし出す」「てっぺんの蒼い空」など、晴れ渡る青い空のイメージが強い楽曲となっています。

メロディラインも爽やかでポップな曲調の楽曲なので、先ほどの歌詞と相まって夏ソングとして選定しました。

ベアーズ

作詞:新藤晴一
作曲:新藤晴一
歌:ポルノグラフィティ

野球をテーマに扱っている楽曲で、「ベアーズ」とは野球チームの名前です。
※アメリカで1976年に公開された「がんばれベアーズ」という野球を題材にした映画作品から名前を取っています

野球と恋愛をリンクして表現している歌詞になっており、晴一さん節が炸裂といったところでしょうか。

夏の野球グラウンドが頭の中で鮮明にイメージできてしまいます。

ちなみに「ベアーズ」は2007年発売のアルバムに収録されている楽曲ですが、アルバム曲で初めてプロモーションビデオが作成されました。

それだけ、渾身の楽曲ということですね。

グッバイサマー

作詞:岡野昭仁
作曲:岡野昭仁
歌:ポルノグラフィティ

「夏祭り」をイメージして作られた楽曲です。

タイトルのとおり、夏が終わっていく様子を表現しており、この夏にあった出来事を思い出しています。

※歌詞抜粋
浴衣で花火見て ビーチ行って手を繋いで 木陰でキスをして
誰よりもはしゃいで思い出を作ったら 夏よ さようなら

どこか切なげで、どこか楽しげなメロディの不思議な曲。

8月末に聞きたくなるので、夏の終わりと共に「グッバイサマー」を聞きましょう!

【ポルノグラフィティ】夏曲まとめ

・アゲハ蝶
・ミュージック・アワー
・ハネウマライダー
・NaNaNaサマーガール
・Ohhh!!! HANABI
・社員 on the beach
・サマーページ
・BLUE SKY
・ベアーズ
・グッバイサマー

シングル4曲、アルバム/カップリング6曲を紹介しました!

「アゲハ蝶」「ミュージック・アワー」は知っている人も多いと思いますが、ポルノグラフィティは沢山の夏ソングがあるのです。

 

※ポルノグラフィティの季節別のおススメ曲はコチラ※

是非、この機会に聞いてみてはいかがでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました