30歳になる前に意識しておくべきこと【若さで許されるのは20代まで】

三十路 若さとの決別生活

先日ラジオを聴いていて、こんな言葉がありました。

「”三十路”とは、”若さとの決別”である」

29歳11か月の筆者のココロには、ぶっ刺さったわけであります。

 

法律上では20歳(18歳)からオトナの扉が開いていきます。

お酒やたばこ、選挙への投票など…新しい権利を得るとともに、責任範囲も広くなります。

 

しかし、本当のオトナとは30歳から始まると思います。

20代を怠けていると、オトナの皮を被った子供になってしまう、と最近気づきました。

30歳とは?三十路とは?オトナとは?

そんなことを考えて、30歳になる前に書いてみました。

こんなヒト向けの記事:
・30歳に向かっている20代
・30歳になってしまったアラサー
・”三十路”という言葉に敏感になっている

30歳になる前に意識しておくべきこと【若さで許されるのは20代まで】

10代ではモテていた男性が20代では上手くいかない。

10代で人気のなかった人が、30代で社長として成功を成し遂げている。

 

歳を重ねるごとに、世間から求められることは異なります。

10代、20代では”若い”という理由だけで積める成功体験も沢山あります。

若い頃の成功体験だけを引きずって次のステップへ進めない人は、歳を重ねても永遠に子どものままで終わってしまうと、悟っています。

10代は「外見」と「身体能力」で勝負

10代は外見と身体能力

学生時代の10代で人気のある人といえば、どんな人でしょうか。

・足が速い人
・サッカーがうまい人

・顔が格好いい人
・顔が可愛い人
・話が面白い人
・頭がいい人
・ケンカが強い人
etc…

正直、10代は人生経験が浅いので、 経験を踏まえた深みのある会話もできなければ、東京の美味しいレストランにデートをすることも、ほぼないでしょう。

生まれつきの個性で勝負をするしかありません。

 

“可愛い”や”格好いい”という「外見」

“足が速い”や”ケンカが強い”という「身体能力」

 

いわば、霊長類として動物的な嗅覚で、優劣を付けざるを得ないのが10代です。

そこから、社会人として羽ばたいていく20代になると、どのように変化していくでしょうか。

20代は「勢い」と「スピード」で勝負

20代は勢いとスピード

多くの方は20代になると、仕事を始めていくと思います。

正直、20代は「勢い」「スピード」があれば、何とかなります。

 

会社でミスをしても、多少の無茶で周りを困らせても、周りは許してくれます。

「いいんだ、そのくらい勢いがある方が頼もしい」
「やらないよりも、やって失敗する方がいい」
「次は同じミスをしないように、教訓だな!」

私はこの様な言葉を、先輩や上司から何度も貰ってきました。

 

そして、これらのメッセージの後ろに、共通して付く言葉が存在します。

それは…

「まだ若いからね!」

 

20代とは、「若いから」で許してもらえる最後の世代です。これは間違いありません。

冒頭でお伝えした、「勢い」と「スピード」で勝負ができるというのは、若さがある故に成り立っています。

 

そして、何が難しいかというと、20代のうちはそれで評価されてしまうというコトです。

“されてしまう”という表現が適切か分かりませんが、勢いよく行動できることは間違いなく評価すべきことです。

しかし、それを鵜呑みにしたまま戦い方を変えずに30代へ突入すると、とんでもないことになってしまうだろう、というコトです。

 

そんな先輩たちを反面教師でたまに見ております。笑

30代は「若さ」との決別

三十路 若さとの決別

若さの勢いで誤魔化してこれたのも、20代までです。

 

仕事では大きな責任を伴う行動を迫られますし、取引先との会話相手のレベルも格段に上がってきます。

プライベートでも、生命保険への加入、自宅の購入、冠婚葬祭の仕切りなど…さまざまな“大人の決断”が待っています。

そうなってくると「ミスしてしまいました、てへw」では済まされません。

 

では、30代になる前に意識すべきことはなんでしょうか?

筆者の周りにいる優秀な30代の先輩方や取引先の人から、共通していることをお伝えします。

①多くの人と会話している
②自分の意思を持っている
③成功も失敗も知っている

20代のうちにもっと意識しておくべきだったな…と少し後悔もあります。

この記事を読んでいる20代がいれば、明日から意識してみて下さい。

①多くの人と会話している

本を読んだり、TVを見たり、仕事をしたり、プライベートで旅行へいったり…

自分だけで得られる知識や経験は限られます。

 

人間という生き物は、自分の好きな情報から取りに行こうとします。

他人という別嗜好の人間と会話をすることで、本来ならば絶対に得ることが出来なかった知識が得られます。

時事問題、健康について、海外の話、仕事の業界の話、芸能人のゴシップ…なんでもいいのです。

その知識の積み重ねが、30代という大人の知性を作っていくのです。

 

自分だけで完結している人よりも、沢山の人とコミュニケーションを取っている人から出てくる引き出しは、比較するまでもなく違うと、日々感じています。

②自分の意思を持っている

若いうちは、先輩社員の意見に乗っかっておけば大丈夫、ということがあります。

しかし、30代になれば、自分の意思で道を切り開いて結果を出すことが求められます。

 

「〇〇さんはどう思いますか?どうしたいですか?」
「いやぁ~ちょっと判断が難しいですねぇ…」

こんなこと、言ってられません。

「私はこうしたい!」
「私はこう思う!」
といった確固たる意識表示が必要になります。

 

そのためには、判断に足りうる沢山の知識量が必要ですし、20代のうちに積んだ沢山の経験から自分の意思が作り上げられます。

お飾りの30代にならないように、自分の意思を強く持ちましょう。

③成功も失敗も知っている

何事においても重要なことは“自分自身の経験”です。

TVやネット、友人との会話から得られる知識も非常に大切ですが、自分の経験に勝るものはありません。

そして、20代のうちに成功失敗も経験しているということが、非常に重要です。

 

“大きな失敗”を経験しないまま30代を迎えてしまうと、失敗を恐れて行動が小さくまとまってしまいます。

失敗すること自体に慣れていないのです。

 

“大きな成功”を経験しないまま30代を迎えてしまうと、成功への道しるべがイメージできず、思い切った行動ができません。

成功までの苦難に耐えることが出来ないのです。

 

20代のうちに成功も失敗も経験していることで、大きな仕事を任された時に、どこまでやればいいのか、何をしない方がよいのか判断が付きます。

若さに頼らず、人生経験をもとに行動する30代を目指していきましょう。

30歳になる前に意識しておくべきこと【若さで許されるのは20代まで】

・10代:「見た目」と「身体能力」で勝負
・20代:「勢い」と「スピード」で勝負
・30代:「若さ」との決別

・30代までに「多くの人と会話すべき」「自分の意思を持つべき」「成功も失敗も経験しておくべき」

20代で一定の評価を受けている場合は、30代になる前に「なんで私は評価されているんだろう?」と、意識して振り返ることが大切だと思います。

実力なのか、”若いから”という枕詞がついてしまっているのか。

 

「三十路とは、”若さ”との決別」

この言葉を胸に刻み、有意義な30代を過ごしていきたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました