【再現性あり】1回のツイートでリアルタイム閲覧53を出した手法とは?

Twitter戦略ブログ運営

ブログのアクセスが伸びない…
記事を書いたのに読まれない…

ブログを運営している人は、毎日このような悩みを抱えているでしょう。

 

筆者は2019年4月30日に、このブログを立ち上げました。

書くべき記事やアクセス数に悩みつつも、順調にPVを伸ばせています。

5月:タグ設置不備
6月:約2,800PV
7月:約4,400PV
8月:約8,400PV

そして、9月は15日時点で8月のPVを上回っており、念願の月1万PVが達成見込みです。

 

なぜそんなにPVを伸ばせているのか?

検索流入が増加しているのが大きな要因ですが、もう一つ、Twitter流入で機会損失を起こさないことが重要です。

 

本記事では、ブログ開設5か月目で「ブログのリアルタイム閲覧53を出した手法」をお伝えします。

伸び方は運もありますが、再現性は高いと思っています。

こんなヒト向けの記事:
・ブログを開設/運営している方
・アクセスが伸び悩んでいる方
スポンサーリンク

【Twitter】1回のツイートでリアルタイム閲覧53を出した手法とは?

「リアルタイム閲覧53」という数値は、1回のツイートだけで生まれました。

 

1回ツイートしただけで、何で急激に伸びるの?

と、思う方が多いと思います。

 

意識することは3つ!

「トレンドを捉える」
「投稿時間を考える」
「ツイート内の文字」

では、結果を交えて3つの項目を説明していきます。

概要と結果

リアルタイム閲覧

リアルタイム閲覧53が生まれたのは、2019年9月7日(土)でした。

そして、飛躍的にアクセスが急増した記事は、2019年6月4日(火)に書いた3ヶ月前の記事です。

 

※該当の記事はコチラ※

ポルノグラフィティのライブに初参戦する人に向けた、ライブの”お約束”や”定番曲”のおさらい記事です。

 

ご覧の通り、0PV~5PV/日の記事でしたが、9月7日だけ156PVを記録しています。

GAアクセス数推移

 

そして、9月7日(土)の15時台だけPVが爆発的に伸びていることが分かります。

アクセス推移時間帯

1時間で100PVも読まれるという、嬉しい結果となりました。

 

これは以下のツイート1回だけで、アクセスが飛躍的に伸びました。

実は、このツイートには様々な要素が含まれているのです。

その内容をまとめます。

トレンドを捉える

トレンドを捉える

まず、基本に立ち返りましょう。

「アクセス(PV)が伸びる=需要がある」

この当たり前の原理を頭に入れておかないと、PVの飛躍的な伸びはありません。

 

2019年9月7日(土)と8日(日)は、ポルノグラフィティのデビュー20周年ライブが東京ドームで開催されていました。※筆者は2日間参戦^^

アーティストのライブに行った経験がある方は思い返してほしいですが、ライブ前って色んな情報を集めますよね?

ライブ情報、アーティスト情報、グッズ情報、過去のライブ内容…など

 

ツイートをした9月7日(土)は、東京ドームの観客となる約5万人(2日間で計10万人)が、ポルノグラフィティの情報に飢えているタイミングでした。

 

また、20周年ライブということで、あまりポルノグラフィティのライブに行かない人の参戦も多かったと思います。

その中で「ポルノグラフィティのライブの定番」という記事は、需要を捉える結果になりました。

 

要は、需要が爆発的に伸びると分かっている日付を捉えましょう。

これは音楽ライブに限らず、TV特番や花火大会、年末年始やGWなど、様々なイベントで実践することができます。

投稿時間を考える

投稿時間

日付だけでなく、投稿する「時間」も大切です。

 

ライブ会場(東京ドーム)の開場時間および開演時間は以下でした。

・開場:14時30分~
・開演:16時30分~

そう、開場時間に東京ドームに入場しても2時間ヒマなんです。

また、会場に入らず、グッズ列に並んでいるファンも多くいる時間です。

その時間帯を狙いました。

 

私は先ほどのツイートを15時02分に投稿していますが、15時07分にリアルタイム閲覧が53になっています。

投稿から5分間で、あっという間に多くのクリックが発生しました。

つまり、「需要が最大化する時間はいつなのか?」と考えることで、1ツイートのクリック数を増やすことができます。

 

しかし、私のフォロワーさんに「ポルノグラフィティのファン」と公言する方は数人しかいません。

では、なぜそんなに記事がクリックされたのでしょうか?

ツイート内に入れる文字

Twitter文字

ライブやイベント参戦前に、Twitterで情報収集する人は多いと思います。

会場の混雑状況、グッズ列の多さ、会場に着いた人のテンション…など

そういう時、「何というキーワードでTwitter検索するか」考えましょう。

 

ライブの場合は、こんな感じで検索する人も多いのではないでしょうか。

①「アーティスト名」
②「アーティスト名 ライブ」
③「アーティスト名 会場名」
④「ツアータイトル名」
⑤「イベント用のハッシュタグ」
⑥「他、関連ワード」

 

ということで、すべての単語をツイート内に盛り込んでいます。

①「ポルノグラフィティ」
②「ライブ」
③「東京ドーム」
④「#神VS神」
⑤「#ロマポル神」
⑤「#NIPPONロマポル」
⑥「#ポルノ展」
⑥「#喫茶ポルノ」

そうすることで、多くの人のTwitter検索に引っかかるようになります。

 

そして、どういう記事なのか一目で分かるように、内容を記載します。

「nang-changへのブーイングは、ライブ初参戦が戸惑う筆頭」

ファンなら「確かに!間違いない!」と共感しますし、初参戦は「何それ!?予習しなきゃ」と思います。

140文字という限られた文字数の中で、最大限の文言を考えてツイートしました。

 

今回はライブに関することでしたが、需要が高まっているタイミングであれば、再現性は高いです。

要は、「自分だったらTwitterで何という検索をするか?」

徹底的に考えて、そのキーワードを入れたツイートをしましょう!

 

トレンドを捉えてアクセスを伸ばすには、自身のフォロワーさん以外への発信が重要です。

これで、あなたもアクセスが急激に増えるかも…?

【Twitter】1回のツイートでリアルタイム閲覧53を出した手法とは?|まとめ

・需要が飛躍的に上がる日付を狙う
・需要が飛躍的に上がる時間を狙う
・Twitterで検索するキーワードを考える
・検索キーワードを盛り込んだツイートをする

今回はライブというイベントでしたが、突発的に需要が高まるものであれば、再現性は高いと思います。

 

花火大会の朝に、大型テレビ特番の直前に、年明けの瞬間に…

どんな需要が急激に高まって、Twitterで何と検索をするか。

少し考えるだけでも、応用性は高いです。

 

1番重要なのは、それに該当する記事を自分が書いている事なんですけどね!w

コメント

タイトルとURLをコピーしました