【関連コンテンツ】解放するための条件・注意点は?|Googleアドセンス

アドセンス 関連コンテンツ 解放 条件ブログ/広告

収益化ブログの登竜門と呼ばれる、Googleアドセンス

Googleアドセンスで広告を掲載すると、段階に応じたイベントがあります。

・初収益(1円)
・PINコード発送(1,000円)
・初振り込み(8,000円)

そして、アドセンス最後の壁として立ちはだかる「関連コンテンツ」の解放

 

記事数、収益、更新頻度など、様々な条件がそろった時に解放される、特別な広告フォーマットです。

Googleから厳密な条件が明かされていないので、関連コンテンツ解放に向けてブロガーは試行錯誤しています。

 

筆者は2020年6月22日に、関連コンテンツが解放されました。

 

実は解放の約2週間前に、こんなツイートをしています。

「関連コンテンツが解放されない理由ってコレかも?」と思い立って実行した結果、見事に解放されました。

結論、タグの整理でした!

 

前段が長くなりましたが、Googleアドセンスの関連コンテンツ解放の条件の仮説をお伝えします。

スポンサーリンク

【関連コンテンツ】解放への前提条件は?

Googleアドセンス 関連コンテンツ 解放 条件

まず、Googleアドセンスにおける関連コンテンツとは、いったい何なのか?

前提条件をおさらいしていきます。

【関連コンテンツ】とは?

関連コンテンツは、ブログ内のおすすめ記事と同一フォーマットで掲載する広告です。

私のブログでは記事の下部に設置しています。※イメージ

Googleアドセンス 関連コンテンツ 掲載例

 

広告のクリック率および、ブログ内の回遊率の向上が期待できる広告フォーマット。

Google公式によるとページビュー数が9%、滞在時間も10% 向上する見解を示しています。

 

誰でも利用できるわけではなく、一定の条件を満たしたブログのみ利用できます。

一体、どのような条件なのでしょうか?

【関連コンテンツ】公式の見解は?

Googleアドセンスのヘルプに記載の公式見解はコチラ。

ご利用になるには、サイトのトラフィック量とページ数が最低要件を満たしている必要があります。この要件は、関連コンテンツで快適なユーザー エクスペリエンスを提供する目的で定められています。

Adsenceヘルプ「広告ユニット 関連コンテンツの概要

 

ブログのPV記事数が、一定ライン必要であることが分かります。

しかし、具体的な数値の記述が一切ありません。

 

正解がない状態で、ブロガーは関連コンテンツ解放に向けて四苦八苦するのです。

【関連コンテンツ】ブロガーの見解は?

「関連コンテンツ解放されました!」と、PVと記事数を公開しているツイートやブログ記事は多くあります。

 

色々と見ましたが、条件はバラバラでした。

「△万PVを超えたら絶対に解放される!」というシンプルな条件ではなく、複合的な条件が重なっていると推定されます。

 

解放の報告を見回った中で、最低ラインの平均がこれくらいでした。

記事数:150前後
PV数:1~2万PV/月 以上
更新頻度:中~高

記事の質は定量化できないので、あくまで目安です。

条件が揃えば、上記ラインでも解放される“可能性がある”と言えるでしょう。

【関連コンテンツ】解放に向けて筆者がやったこと

Googleアドセンス 関連コンテンツ 解放 やったこと

それでは、関連コンテンツ解放に向けて、筆者が行ったことをまとめていきます。

PVや記事数以外の概念にも触れます。

記事数、PVの確認

そもそも、ブログのPVや記事数が足りているのか?

 

これは、間違いなく一定ラインを超えていました。

2020年4月
累計記事:210
PV:22.0万
更新頻度:14記事Up

■2020年5月
累計記事:224
PV:10.9万
更新頻度:14記事Up

やはり、単純にPVと記事数だけで語れる条件ではない事が分かります。

むしろ、なぜ解放されていないのか不思議ですよね。

 

筆者が注目したのは「関連コンテンツ」という名前。

「関連」ということは、ブログ記事の相関性が大切なんじゃね?と思ったのです。

 

もう一度、Google公式の概要を見てみましょう。

指定したページを閲覧しているユーザーに対して、サイト内の特に関連性の高い記事を宣伝するコンテンツが表示されます。

Adsenceヘルプ「広告ユニット 関連コンテンツの概要

 

やはり!

ブログ記事内の連動性が大切なんです、これ!

 

「これおススメだよ!」と関連性の高い記事広告を掲載するならば、意図に準じたサイト設計にすべきだと考えました。

注目したのは「カテゴリ」「タグ」です。

カテゴリの整理

2020年5月末時点で、私のブログは以下のカテゴリ(記事数)に分かれていました。

・生活(86)
・音楽(49)
・仕事(43)
・ブログ/広告(20)
・旅行/ご飯(12)
・学習(9)
・アプリ(8)
・投資(3)

 

仮説として、少ない記事数のカテゴリは、関連コンテンツ解放に悪影響を及ぼすと考えました。

ブログ開始初期に作って1年以上更新されていない「投資」カテゴリを、「生活」カテゴリへ移動しました。※削除しても良かったと思います。

 

「学習」も記事数が少なかったので、6月頭に2記事を新たに投入。

とにかく、カテゴリ内の記事数は最低限の確保が必要だと思い、行動しました。

タグの整理

これ!!

私は完全にタグの整理が最も効果を発揮したと思います。

 

タグとは、カテゴリを横断して同ジャンルを管理できる、ラベリングの様なものですね。

ブログ タグとカテゴリ
例:ふまブログ

すごく恥ずかしい話をするんですが、

SEOに効果的だと思い、1記事にタグを5個も10個もオリジナルで付けていました。笑

 

記事の管理という目的はつゆ知らず、狙ったキーワードを入れる所業。

膨れ上がったタグは600を超えていました。

「絶対に記事たちの連動性ないって判断されている!」と、確信。

タグを削除&新規で設定

600を超えるタグを全て削除しました。それはもう一心不乱に。

 

そして、共通性のあるタグを考えていきます。

・便利グッズ
・ビジネススキル
・ポルノグラフィティ
…etc

新タグを各記事に振り分けて、結果としてタグの数を13個まで減らすことができました。

 

1タグあたり10記事以上が該当する設計にしました。

10記事未満のタグもありますが、僅かです。

 

そして、タグを再設定してから約2週間。

見事、Googleアドセンスの関連コンテンツが解放されました!

カテゴリとタグの整理は、絶対に意味があると確信した瞬間です。

【関連コンテンツ】解放するための条件・注意点は?|まとめ

■参考ライン
・記事数:150前後
・PV数:1~2万PV/月 以上
・更新頻度:中~高
・カテゴリ:闇雲に増やさない
・タグ:闇雲に増やさない

アドセンスの最後の壁、関連コンテンツの解放

ブログを開設してから1年2ヶ月の歳月が掛かりました。

 

もちろん、「絶対にこれで解放できる!」と明言はできません。

まだ解放されてないブロガーの参考情報になれば幸いです。

コメント

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

タイトルとURLをコピーしました