チーム力を高めるには?相互理解を深めるチーム合宿を行え【具体方法】

チーム力を高める チームビルディング仕事

チームワーク…
チームビルディング…

リーダーやマネージャーと呼ばれる方は、チーム力を高める方法を常に考えていると思います。

なかなか思うように成果がでないものですよね。。

 

チーム力を最大化させるためには、以下の3項目が必須です。

・チームの「目的」を定義する
・相手の特性を理解する(他者理解)
・自分の特性を理解する(自己理解)

こちらの必要性については、以下の記事でまとめています。

 

本記事では、会社員で管理職をしている筆者が、具体的に「他者理解」と「自己理解」を深めるための方法をまとめました。

 

このおかげか分かりませんが、1年間(毎四半期)のチーム目標を達成するチームになりました。

【注意】5-6人のチーム向けの内容です!50人チームとかには向いてません!笑

こんなヒト向けの記事:
・チームの雰囲気が悪い
・会社員でチームビルディングに悩んでいる
・メンバーとの距離感を感じる

チーム力を高めるには?相互理解を深めるチーム合宿を行え【具体方法】

チーム力を高めるためには、「自己理解」「他者理解」が大切です。

その2つを向上させるためには、「チーム合宿」を行いましょう!

 

突然ですが、この言葉をご存じでしょうか?

「彼を知り己を知れば百戦殆からず。」

紀元前500年頃の中国・春秋時代の軍事戦略の本「孫氏」に記載の言葉です。

「敵の状況、自分の実力を共に理解していれば、負けない戦い方ができる」という意味

 

これはビジネスにも応用できます。

「彼=敵」とは、すなわち顧客のことを指します。

「己=自分」とは、自分自身でもあり、「会社」「チーム」などを指します。

 

チーム合宿では「己=メンバー全員」を徹底的に知りつくすことを目的としています。

チーム合宿:会場など

ミーティング

何をやるか?という点は詳しく後述しますが、チーム合宿をする場所や環境も大切です。

・場所:外部の貸し会議室
・時間:10時~18時(※休憩あり)
・服装:できれば私服
・その他:お菓子とか飲み物

要は、仕事を忘れてざっくばらんに意見を言い合える空間を作ることを、心がけてください。

半分プライベートのような雰囲気だからこそ、お互いを知りあえるキッカケになります。

 

1か月前くらいから業務調整して、日程をあわせて一日中確保できるようにしてください!

 

では、具体的にチーム合宿でどのようなことをすればよいのでしょうか。

チーム合宿:内容

ミーティング2

大まかに、構成は以下のイメージです。

・一人が話す(10分)
・内容について全員が質問し、答える(30分)

一人に対して約40分間で内省を促し、終わったら次の人へと移ります。

 

10分間も何を話すねん?!

と、そこが重要なポイントです。

 

話す内容は、チーム合宿をする前にメンバー全員が事前に考えてくるようにします。

<チーム合宿のお題>
・自分の強み

・自分の弱み
・人生に影響を与えた3つの出来事

画一的な強み・弱みだけではなく、人生の背景を踏まえてその人のキャラクターが見えてきます。

 

重要なのは、40分間は聴いている側の時間ではなく、話している人の時間ということ。

話している人の“気付き”になるような質問を投げかけてあげてください。

<質問例>
・なぜ□□という選択肢をとったの?
・〇〇を始めたきっかけはなんだったの?なぜ続けたの?
・強みでは〇〇と言っているけど、過去の経験では△△が好きでは?

重要なのは、聴いている側が知りたい情報を得るのではなく、話している人が気づいていなさそうな問いをすること。

「んーーー……」と質問された側が悩んだらGood Question!!

 

答える側も咄嗟に答えるのではなく、1分間悩んでもいいので回答して下さい。

そうすることで、自分自身の“心の中の本質”をあぶり出します。

 

心の中の本質を全員で共有することで、チームという「己」が強固なものになっていきます。

チーム合宿:メリット(成果)

成果

人生を振り返る話と、相手への問いかけを行うことで、本質的な心の共有が行われます。

つまり、お互いの距離感が一気に縮まります。

私が感じたメリットや成果は、主にこちらの3つでした。

・一体感(チーム愛)が生まれる
・雑談ベースでの会話が生まれる
・サポートし合える前提が整う

仕事がツラい時、苦しいときは絶対に訪れます。

あと少し踏ん張らないといけない時に、「チームのために頑張ろう」とチーム全員が思っていると、成果は大きく変わります。

会社のために尽くせというわけではなく、あの人も頑張っているから私も…!と思えることは大切です。

 

お互いの強みや弱みが明確になるので、お互いにサポートする際に最適な方法を行えます。

チーム合宿の注意点

注意

もちろん、合宿をする上での注意点もあります。

・プライベートの情報は取扱注意
・休憩時間と業務時間を確保する
・事前に内容を考えておいてもらう

これまでの人生の話をしてもらうので、プライベートの領域に及ぶことがあります。

ルールとして「話したくないことは話さない」と、事前に伝えておいてください。

無理に話す必要は全くありません。

チーム合宿内で話した内容は、外部には漏らさずチーム内限定情報として取り扱いましょう。

 

また、話す内容は事前準備が100%です。

その場で考えた付け焼刃的な話では、何も意味がありません。

チーム合宿をする1週間以上前にお題(強み・弱み・影響与えた3つ)を出して、じっくり考えさせてきてください。

チーム力を高めるには?相互理解を深めるチーム合宿を行え【具体方法】|まとめ

・ざっくばらんに言い合える環境を作る

・「強み」「弱み」「人生に影響を与えた3つ」を事前に考えて発表

・30分間で発表者に対して、”気づき”を与える問いをする

・プライベートの話も出るので、無理に話させず情報の取扱注意

チーム力を高めるために、お互いを知ることはとても大切です。

ただし、やり方を間違えると一方的に相手を問い詰めているようにもなってしまいます。

自分のためではなく、話している人のための問いかけであることを、忘れないようにして下さい。

 

チーム力が高まり、強いパワーが生まれると、仕事もうまくいき、モチベーションが上がり、さらにパフォーマンスが向上し…

いいサイクルに入っていきます。

最高のチームを作って、最高の仕事をしていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました