【自己評価が低い】特徴5つと改善策とは?|ポジティブ思考になる為に

自己評価が低い特徴と改善方法生活
スポンサーリンク

どうせ私なんて…
あの人の方が頑張っているし…

“自己評価が低い”と言われる人は、このように思うことが多いでしょう。

 

自分自身に厳しいことと、自己評価が低いことは違います。

客観的に自分自身を見ることができないと、周りから見たあなたとのギャップが生まれ、人間関係や仕事にも影響を及ぼします。

 

私は、学生時代は自己評価が低かったのですが、会社員になってから意識的に変えています。

自己評価が低くてもあまり意味ないな、と思ったからです。笑

 

本記事では、自己評価の低い人の特徴と、改善方法についてまとめます。

こんなヒト向けの記事:
・自己評価が低いと思っている
・ちょっとした事で傷ついてしまう
・ネガティブな気持ちを引きずってしまう
スポンサーリンク

自己評価が低い人の特徴5つ

では、自己評価が低いヒトとはどんな特徴があるのでしょうか?

以下の5つの特徴に3つ以上該当する人は、要注意かもしれません。

・周囲の反応が気になる
・始める前から諦めてしまう
・過去の経験に囚われてしまう
・相手の意見に合わせる
・悪い評価をしてくれると安心する

では、一つずつ見ていきましょう。

周囲の反応が気になる

気になる

大勢いるうちの一人に反対意見を言われたとします。

「あぁ…みんな反対意見なのかも…」

と感じてしまう人は、自己評価が低いでしょう。

 

誰か一人によくない反応をされると、みんながよくないと感じているかのように錯覚してしまいます。

まわりの顔色を伺いすぎなのかもしれません。

 

会社員であれば同僚や先輩、プライベートであれば友人など、関わっている人達からの評価って気になりますよね。

ポジティブ思考や自己評価の高い人は、たとえ一人に文句を言われても、自分の主張が正しいと思っていれば跳ね返します。

 

InstagramやTwitterなどのSNSを投稿した際に、いいね!やコメント数をいちいち気にしすぎる性格も要注意ですね。

「いいねが全然つかない…みんな私に興味ない…?」

と毎回思っていたら、気が休まりません。

 

そもそも人間って、他人にあまり興味がありません!

それを前提にしているだけで、周囲からの反応の感じ方も変わりますよ^^

始める前から諦めてしまう

諦める

あの人に告白をするなんて…
あの学校を目指するなんて…
あの会社に転職するなんて…

私には無理!

 

自己評価が低い人は、人生の選択肢を自ら狭めてしまう傾向にあります。

自信が持てないと行動力が低下してしまい、本当はやりたいにも関わらず、やる前にストップしてしまいます。

何事もやらないと結果はわかりません。

 

私の経験をお伝えすると、記念受験と思って受けた会社に入社する事ができました。笑

正直、自分の学歴や当時のスペックで考えたら、背伸びをした結果だったと思います。

それでも、8年目として今も働き続けています。

大学生のときに選択肢の幅を狭めずによかったと、当時の自分を褒めてやりたいですね。

 

失敗は恥ずかしいことではありません。

やりたいことがあれば、選択肢を拡げてまずはやってみてはいかがでしょうか。

過去の経験に囚われてしまう

過去の経験

自己評価が低い人は過去に失敗した経験があると、それを長い期間で引きずってしまうのも特徴です。

 

逆に、自己評価が高い人は未来を見据え、自己評価が低い人は過去に捕らわれるケースが多いです。

たしかに、ポジティブなリーダー気質の人は「おれは○○がしたい!」と明確に発信しているイメージがありますね。

 

自己評価の低い人は、一度の失敗に囚われて、行動の選択肢を狭めているケースもあるでしょう。

 

過去は過去、今はいま。

過去の自分を引っ張りすぎない様にしてみてはいかがでしょうか。

相手の意見に合わせる

相手の意見

自分の意見が間違っているかも…
相手を納得させることが出来ないかも…

自己評価が低い人は、このように頭の中で堂々巡りに考えてしまい、自分の意見を言えずに終わってしまうことが多いです。

 

仕事での会議にも言えますし、プライベートで友達と旅行先を決める会話などでも同じでしょう。

本当は言いたいけれど、なかなか自分の本当に気持ちを伝えることができないのです。

 

「何でもいいよ」「任せるね」

という口癖がある人は、自己評価が低いかもしれません。

悪い評価をしてくれると安心する

一般的に、自分のことを褒めてくれたり、評価してくれる人って嬉しいですよね。

しかし不思議なことに、自己評価が低い人は、自分自身に悪い評価をしてくれる人を好む傾向があります。

要は、自己評価が低いので、褒められる言葉や高い評価を素直に喜べず、悪く言ってくれる人に安心感を覚える、というコトです。

 

これは、心理学で「認知的斉合性理論」とも呼ばれます。

 

自分の悪い評価に安心していては、「自分はダメだ」と思い続ける負のスパイラルから永遠に抜けられません。

負のスパイラルから抜け出すためには、相手が褒めてくれたことに対して、素直に喜びましょう。



自己評価が低い人の改善方法

自己評価が低い人はどのように改善していけばいいのでしょうか?

 

ポジティブな思考を少しずつ身に付ける!

これに尽きると思います。

 

では、具体的にどのようにすればいいか、2つの視点からまとめました。

否定→肯定

肯定する

「否定形」の言葉をなるべく使わないようにしましょう。

どちらの文章がポジティブに聞こえますか?

1, 〆まで残り3日間しかない
2, 〆まで残り3日間もある
1, この味は嫌いじゃない
2, この味は少し好き
1, 旦那が話を聞いてくれない
2, 旦那に話を聞いて欲しい

圧倒的に2番の方ですね。

ちょっとした違いですが、受け取る印象は大きく変わります。

否定形はネガティブな印象、肯定形はポジティブな印象を受けますね。

 

1番のような否定形の言葉は、相手だけでなく自分の意識にも大きく影響を及ぼします。

「好きじゃない!」といわれるより「嫌い!」と言われるほうが、清々しささえ感じます。笑

 

否定形の言葉を無意識に使ってしまうので、意識して肯定形の言葉を使ってみてください^^

受動→能動

能動的

「受動形」の言葉をなるべく使わないようにしましょう。

どちらの文章がポジティブに聞こえますか?

1, 急な仕事をやらされている
2, 急な仕事をやっている
1, 私は嫌われている
2, 私を嫌っている人はいる
1, 契約を解除された
2, 契約は白紙に戻った

こちらも、2番の方が潔さを感じますね。

 

受動的だと消極的な印象になってしまいますが、能動的だとマイナスの事柄も前向きに変換できます。

要は、相手を主語にするのではなく、自分を主語にして伝えましょう。

 

このような言い換え一つで、自分自身や相手に与える印象は大きく変わってきます。

是非、少しずつ試してみて下さい。

自己評価が低い人の特徴と改善方法|まとめ

<自己評価が低い人の特徴>
・周囲の反応が気になる
・始める前から諦めてしまう
・過去の経験に囚われてしまう
・相手の意見に合わせる
・悪い評価をしてくれると安心する
<ポジティブな思考を身に付けるために>
・否定形→肯定形へ変換する
・受動系→能動系へ変換する

ここまで書きましたが、自己評価が低いから悪い、自己評価が高いから悪い、ってことはないと思います。

何事にもメリット・デメリットはあります。

今回挙げたような特徴を客観的に把握することで、自分が取るべき行動が分かってきます。

「自己評価が低すぎるな」と感じた人は、肯定や能動の変換を試してみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました