【花の定期便】人気の3社を徹底比較|花のサブスクリプション【口コミ】

お花の定期便 サブスクリプション 比較生活

お花の定期便(サブスクリプション)サービスが、巷で賑わっています。

プロが厳選したお花が自宅へ届き、在宅時間の部屋を華やかに彩ってくれます。

 

bloomee」や「HitoHana」をはじめ、不動産サービスHOME’Sを運営するLIFULLが提供する「LIFULL FLOWER」など、多くの会社が参入。

在宅時間ステイホームが増えている令和の時代に、注目を集めているサービスなので。

 

検討はしたいけれど、どれも同じようなサービスで分からない…

と悩む方は多いと思います。

 

そこで、本記事ではお花の定期便(サブスク)の大手3社を比較してみました。

■こんなヒト向けの記事:
・お花を家に飾りたい
・在宅勤務で家にいる時間が長い
・どのお花を買えばいいか分からない

【花の定期便】人気の3社を徹底比較|花のサブスクリプション

お花の定期便を提供する3社について、特徴や金額・口コミなどを比較します。

対象はこちらの3社です。

・HitoHana
・bloomee
・LIFULL FLOWER

 

それでは、この記事のまとめを一覧にしました。

時間がなく細かくチェックできない方は、ここだけ見れば問題ありません。

HitoHanabloomeeLIFULL FLOWER
月額料金
(税込)
①1,650円
②2,200円
③2,750円
④3,300円
⑤4,400円
⑥5,500円
①550円
②880円
③1,320円
①858円
②1,958円
③2,680円
④3,278円
プラン数6つ3つ4つ
送料無料①250円
②350円
③500円
一部エリア
200~500円
花の本数①5~8本
②8~10本
③9~13本
④11~14本
⑤14~18本
⑥19~22本
①3本~
②4本~
③5本~
①3~4本
②6~8本
③明記なし
④10~12本
受け取り宅配のみポスト①ポスト
②③④宅配
メリットプランが多い
送料無料
ポストで受け取り可能専用容器で水やり不要プランあり
デメリット最安値が競合より高い送料がかかる関東圏以外は送料有

 

共通して言えるのは、各社すべて“とても質の高いお花を提供している”という点です。

これだけは間違いありません。

それでは、各社の特徴を見ていきましょう!

HitoHana

HitoHana
出典:HitoHana公式サイト

HitoHana」はお花の通販サイトとしてサービスを展開しながら、2020年10月よりお花の定期便サービスも開始。

お花の専門サイトが満を持して登場し、早くも人気を集めています。

■ポイント3つ
・他社よりも多い6つのプランから選べる
・届く頻度を週一/隔週/毎月から選べる
・全プランで送料が無料

ボリュームの多いお花を楽しみたい!という方は、「HitoHana」がピッタリです。

広告費をできるだけカットして価格に還元することで、お求めやすくも多いお花のボリュームを実現しています。

 

HitoHanaに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

料金やお花の数など、基本的なサービスレベルはこちら。

月額料金
(税込)
  ①1,650円
  ②2,200円
  ③2,750円
  ④3,300円
  ⑤4,400円
  ⑥5,500円
送料無料
 花の本数    ①5~8本
②8~10本
③9~13本
④11~14本
⑤14~18本
⑥19~22本
受け取り宅配のみ

6つのプランから選択できるのは、競合サービスの中でもトップレベル。

花を飾る部屋の大きさによってプランを検討できるのは、嬉しいポイントですね!

 

しかも、すべてのプランで送料無料なのは、HitoHanaの大きなメリットです。

例えば、送料300円×隔週×1年間=7,800円も節約になるので、かなり大きいのです。

 

色見を8種類から指定して、それを元にプロが選んだ綺麗なお花が自宅へ届きます。

■公式サイト
HitoHana お花の定期便

3社の比較表へ戻る

bloomee

bloomee

「bloomee」は日本初のお花のサブスクリプションサービスとして、2016年に開始。

そして、2021年3月15日に「bloomee」としてリニューアルしました。

公式Instagramのフォロワー数は12.5万人(※2021年1月時点)を超え、累計10万世帯に利用されている安心・安全のサービスです。

■ポイント3つ
・専用容器で直接ポストに投函される
・全国200店舗のお花屋さんと提携
・お花の本数に応じた3つのプラン

忙しいからポスト投函でお花を受け取りたい!という方は、「bloomee」を選んで間違いないでしょう!

ちゃんと保水の状態で投函されるから、安心ですよ。

 

bloomeeに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

料金やお花の数など、基本的なサービスレベルはこちら。

月額料金
(税込)
①550円
②880円
  ③1,320円
送料①250円
②350円
③500円
 花の本数 ①3本~
②4本~
③5本~
受け取りポスト

お花の本数は約3~5本と、机の上に飾るサイズ感といえるでしょう。

全てのプランでポスト投函にて受け取れるのは、「bloomee」の強みですね!

 

全国200店舗以上のお花屋さんと提携しており、近隣の店舗からお届けすることで配送時間を短縮し、花のクオリティを保っています。

ポスト投函だからといって、花が傷んでいるという事はありませんよ。

 

日本初のお花の定期便ならでは、安心・安全のサービスですね!

3社の比較表へ戻る

LIFULL FLOWER

LIFULL FLOWER
出典:LIFULL FLOWER公式サイト

「LIFULL FLOWER」は、不動産ポータルサイトHOME’Sを運営している、株式会社LIFULLが提供しています。

2017年の7月にサービスを開始し、ユーザー数を増やしている注目のサービスです。

■ポイント3つ
・花市場から直送なので安く提供できる
・水やり要らずの専用容器のプランあり
・4つのプランから選べる

花瓶を使わずにカンタンに花を飾りたい!という方は、「LIFULL FLOWER」一択で間違いないでしょう。

特別のジェルが同封されており、1~2週間は水やりも要らないとは驚きですよね。

 

LIFULL FLOWERに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

料金やお花の数など、基本的なサービスレベルはこちら。

月額料金
(税込)
①858円
②1,958円
③2,680円
   ④3,278円
送料一部エリア
200~500円
 花の本数 ①3~4本
②6~8本
③明記なし
④10~12本
受け取り①ポスト
②③④宅配

花の本数によって、ポスト投函宅配受け取りのハイブリッド型サービスとなっています。

 

③スタンダードプランはLIFULL FLOWER専用容器での宅配となっており、蓋を開けるだけでスグに飾ることができます。

出典:LIFULL FLOWER公式サイト

しかも、お花を長持ちさせるエコゼリー入りで水換え不要なので、初心者でも安心して利用できます。

 

さらに関東圏まわりは送料無料なので、検討しやすくなりますね!

3社の比較表へ戻る

花の定期便|メリット・デメリット

様々なサービスが展開されている、お花の定期便(サブスクリプション)サービス

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

部屋のサイズ・お花を飾る場所・経済状況など、家庭によって悩みは異なります。

 

お花の定期便(サブスクリプション)のメリット・デメリットをみてみましょう。

検討する際の参考にしてください。

花の定期便|メリット3つ

花の定期便 メリット

それでは、お花の定期便(サブスクリプション)サービスのメリットを3つまとめます。

自分で買わない花と出会える

お花の定期便における最大の特徴ともいえるでしょう。

店舗へ買いに行くと、気付けば自分好みのお花ばかり買ってしまいがちです。

しかも、店舗に在庫があるお花しか手に入れられません。

 

お花の定期便では、豊富な種類のお花からプロが厳選したお花を季節に応じて届けてくれます。

これまで買ったことのないお花と出会うことができるので、新しい発見が毎回あるんですよね。

プロの選んだ花が届く

各サービスとも共通しているのが、プロが厳選したお花を届けてくれるという点。

 

お花の組み合わせやクオリティは、折り紙付きです。

プロが選んだお花が届くことによって、新しい知識が積み重ねられていくのを実感できます。

「どの花を買うか悩んでいる時間」もサービスに含まれると考えていいですね!

ポスト投函/水なし専用容器など

各サービスそれぞれ、専用容器に入ったお花が自宅へ配送されます。

「bloomee」と「LIFULL FLOWER」では、ポスト投函が可能。

HitoHanabloomeeLIFULL FLOWER
受け取り宅配のみポスト最安Plan:ポスト
その他 :宅配

 

「LIFULL FLOWER」では、水替え不要の専用容器で、蓋を開ければすぐにお花を飾れるプランも。

持ち運びが難しいお花を、各社の企業努力で自宅へ届けられているのを実感しますね。

 

お花の品質が落ちることなく、自宅へ届けてくれる安心感があります。

3社の比較表へ戻る

花の定期便|デメリット3つ

花の定期便 デメリット

続いて、お花の定期便(サブスクリプション)サービスのデメリットを3つまとめます。

花の種類を指定できない

各サービスとも、自宅へ届くお花の種類を指定することはできません。

「今回は絶対にヒヤシンスを入れて欲しい!」といった要望は、叶わないという事ですね。

 

例えばHitoHanaではお花のカラーを8種類から選ぶことができるなど、大まかな要望は受けてくれます。

 

しかし、お花の定期便のいいところは自分で買わないお花と出会えることです。

種類を指定できないからこそ、新しい発見があるかもしれませんね。

送料がかかるサービスあり

宅配サービスなので仕方ありませんが、送料がかかるサービス/プランがあります。

料金で検討する場合は、送料も込みで計算するようにしないと、塵も積もれば意外な損失になっていきます。

 

各サービスの送料はコチラ。

HitoHanabloomeeLIFULL FLOWER
送料無料250円~500円一部エリア
200~500円

HitoHanaは全てのプランで送料が無料なので、嬉しいですよね。

LIFULL FLOWERは南東北・関東・甲信越・北陸・中部は送料無料で、他エリアは200~500円になります。

お花が固定費になる

これは全てのサブスクリプション(定額)サービスの宿命といえるでしょう。

常にお花が自宅にある対価として、出費が固定費となってしまいます。

 

しかし、ここで朗報。

各サービスとも受取りスキップをすることが出来るので、今回は旅行に行ってるから受け取らない、という事もできます。

メリハリを付けてお花を受け取ることで、固定費の出費を適度にすることができますね。

 

受取りスキップをする際は、各サービスのスケジュールに従って申し込む様にしましょう。

【花の定期便】人気の3社を徹底比較|花のサブスクリプション|まとめ

HitoHanabloomeeLIFULL FLOWER
月額料金
(税込)
①1,650円
②2,200円
③2,750円
④3,300円
⑤4,400円
⑥5,500円
①550円
②880円
③1,320円
①858円
②1,958円
③2,680円
④3,278円
プラン数6つ3つ4つ
送料無料①250円
②350円
③500円
一部エリア
200~500円
花の本数①5~8本
②8~10本
③9~13本
④11~14本
⑤14~18本
⑥19~22本
①3本~
②4本~
③5本~
①3~4本
②6~8本
③明記なし
④10~12本
受け取り宅配のみポスト①ポスト
②③④宅配
メリットプランが多い
送料無料
ポストで受け取り可能専用容器で水やり不要プランあり
デメリット最安値が競合より高い送料がかかる関東圏以外は送料有

 

HitoHanaに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

bloomeeに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

LIFULL FLOWERに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました