【家具のサブスク】人気おすすめ5社を徹底比較|レンタルで購入よりオトク?

家具 レンタル サブスク 比較サブスク

家具のレンタル定額サービスが巷で賑わっています。

“家具のサブスク(レンタル)”と呼ばれることが多く、これからの時代の主流の一つになっていくでしょう。

CLAS」「airRoom」「subsclife」など、様々な会社が家具のサブスクサービスに参入してきています。

 

検討したいけど、どれも同じようなサービスで分からない…

と悩む方は多いと思います。

 

本記事では、家具のサブスク人気の5社を徹底比較してみました。

こんなヒト向けの記事:
・一人暮らし、二人暮らしの方
・賃貸マンションで暮らしている方
・家具サブスクを検討して、悩んでいる方

【家具のサブスク】大手5社を徹底比較

家具のレンタル(サブスク)サービス大手5社について、特徴や金額・口コミなどを比較します。

対象はこちらの5社です。

・subsclife(サブスクライフ)
・CLAS(クラス)

・airRoom(エアールーム)
・無印良品
・STYLICS(スタイリクス)

 

それでは、この記事のまとめを一覧にしました。

時間がなく細かくチェックできない方は、ここだけ見れば問題ありません。

subsclifeCLASairRoom無印良品STYLICS
対象家具・家電家具・家電家具・家電家具家具
最低価格550円440円550円120円100円
長期割あり
商品による
13ヶ月〜:20%OFF
25ヶ月~:50%OFF
37ヶ月~:80%OFF
なしあり
商品による
なし
返却費あり
商品による
なしなし
送料3,300円
なしあり
商品による
送料あり
商品による
無料3,300円あり
商品による
あり
商品点数による
割引あり
レンタル期間3ヶ月~24ヶ月1ヶ月~自由3ヶ月~自由1年/2年/3年/4年24ヶ月〜
対象エリア日本全国関東一都三県
関西二府一県
関東および関西+α
16都府県
日本全国日本全国
商品数
家具の購入不可
メリット・人気ブランド多数
・最新家電も対応
・諸経費が不要
・1ヶ月からレンタルOK
・商品数が多い
・プロのコーディネートあり
・特定ブランドによる
部屋の統一感
・7万点の商品
・新品の家具
デメリット・短期レンタルは
月額料金が高い
・対象エリアがまだ少ない・送料が掛かる・最短1年から
・対象商品が少ない
・基本利用期間が24ヶ月

共通して言えるのは、両社ともに“とても質の高い家具を提供している”という点です。

これでけは間違いありません。

 

レンタル料金・送料と家具デザインのバランスは、比較検討する上で必須項目ですね。

しかし、コスパだけでなく、対象エリアやおもちゃの種類・クチコミの豊富さなども、検討する上で大切な項目です。

それでは、各社の特徴を見ていきましょう!

subsclife

subsclife

「subsclife」は2018年9月から現在のカタチのサービス展開を開始。

2020年に日本サブスクリプションビジネス大賞でブロンズ賞を受賞した、評判の家具レンタルサービスです。

 

そして、2022年3月には22億円を資金調達し、サービスの拡大に期待がかかります。

<ポイント3つ>
・日本全国へ配送が可能
・人気ブランド家具を取り揃え
・バルミューダなど有名家電も対応

オシャレな人気アイテムが揃っており、サイトを眺めるだけでもワクワクしてしまいますね。

最新家電まで扱っているので、デザインだけでなく機能性の高い家具・家電をレンタルしたい人には最高のサービスです。

 

「subsclife」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

 

料金や対象エリアなど、基本的なサービスレベルはこちら。

対象家具・家電
最低価格550円
長期割引あり
返却費用あり。商品による
送料あり。商品による
レンタル期間3ヶ月~24ヶ月
対象エリア日本全国
商品数
家具の購入

3サービス唯一の全国配送で、全体的にバランスのとれた家具レンタルサービスと言えますね。

 

ただ、短期レンタルの場合は、月額料金が跳ね上がるので注意が必要です。

レンタル期間月額料金最終的な支払い
3ヶ月¥5,750¥17,250
4ヶ月¥4,310¥17,240
12ヶ月¥1,440¥17,280
20ヶ月¥860¥17,200
24ヶ月¥720¥17,280
※とある椅子の月額料金

最終的な総支払額は変わらないですが、サクッと3ヶ月安くレンタルしたい希望は叶いません。

中期〜長期レンタル前提の方が、マッチしているサービスといえますね。

 

気になる方は、公式サイトをチェックです!

CLAS

CLAS
出典:CLAS公式サイト

「CLAS」は2018年8月にサービスを開始。

AbemaTVで放送されていた、初代バチェラーこと久保裕丈氏が社長を務めている、注目サービスです。

そして、2021年12月21日にサービスリニューアルして、返却費用が無料になるなど使いやすくなりました!

 

<ポイント3つ>
・送料と返却費用が無料
・長く借りると割引で安くなる

・唯一1ヶ月〜自由にレンタル可能

送料無料なのは、かなりオトクですね!

レンタルする家具が5つあれば、それだけで本来は送料が1万円を越えてしまうことも。

総額いくらになるのか計算した上で、サービスを検討していきましょう!

 

1ヶ月からレンタルが可能なので、家具・家電を気軽に借りられます。

しかも、長期レンタルだと割引きが効くので、長期利用者にもオトクな設計になってます。

 

「CLAS」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

 

料金や対象エリアなど、基本的なサービスレベルはこちら。

対象家具・家電
最低価格440円
長期割引13ヶ月〜:20%OFF
25ヶ月~:50%OFF
37ヶ月~:80%OFF
返却費用なし
送料無料
(送料込み)
レンタル期間1ヶ月〜自由
対象エリア関東一都三県
関西二府一県
商品数
家具の購入不可

長期割引はこれまで2年以上でしたが、リニューアルで1年以上のレンタルも対象に。

また、送料無料なので、コスパ重視の方には検討しやすいサービスですね。

 

対象エリアは東京、神奈川、埼玉、千葉、大阪、京都、兵庫の7都府県のみとなっており、まだ他社と比較して少ない状況です。

あなたの住んでいる地域が対象であれば、要チェックです!

airRoom

出典:airRoom公式サイト

「airRoom」は2018年10月にサービスを正式開始。

社長の大薮氏が22歳で立ち上げ、2019年12月には小田急電鉄株式会社と提携を発表するなど、大注目の家具サブスクサービスです。

 

<ポイント3つ>
・家具の取扱数が業界トップクラス
・家具をコーディネートしてくれる
・気に入った家具は購入可能

部屋に合う家具をプロがトータルコーディネートしてくれるので、迷っている方にとても評判です。

 

しかも、あなたのお部屋の写真を元に、3Dでのイメージ写真を作ることも出来ちゃいます!

部屋に置いたらどれくらいの大きさになるのか、レンタル前に分かると嬉しくて便利ですね。

 

「airRoom」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

 

料金や対象エリアなど、基本的なサービスレベルはこちら。

対象家具・家電
最低価格550円
長期割引なし
返却費用なし
送料3,300円
送料あり
商品による
レンタル期間3ヶ月〜自由
対象エリア 関東および関西+α
16都府県
商品数
家具の購入

気に入った家具は、差額を払えばそのまま購入できるサービスも!

最初は関東を中心としたエリアでしたが、少しずつエリアも拡大していってます。

 

あなたの部屋に合う家具をチェックしてみてはいかがでしょうか。

無印良品

無印良品 レンタル
出典:無印良品 公式サイト

言わずと知れた人気雑貨店「無印良品」の定額レンタルです。

2021年1月からサービス開始してから注目を集め、2022年3月にはレンタル対象の家具を22商品追加。

店舗だけだった申し込みも、オンライン経由からとなりました。

<ポイント3つ>
・日本全国が対象エリア
・1年/2年/3年/4年から期間を選択
・気に入った家具は返却タイミングで購入可

あの無印良品の家具がレンタルできるなんて、平成では考えられなかったですね。

シンプルなデザインの家具が好きな方は、必見のサービスですね。

 

「無印良品 定額レンタル」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

 

料金や対象エリアなど、基本的なサービスレベルはこちら。

対象家具
最低価格120円
長期割引あり
商品による
返却費用なし
送料あり
商品による
レンタル期間1年/2年/3年/4年
※ベビー家具は3ヶ月〜
対象エリア日本全国
商品数
家具の購入

1年間が最短レンタル期間となるので、他サービスと比較して長めの設定になっていますね。

一人暮らしを始めたてで初期費用を抑えたい人には、バッチリ向いているでしょう。

 

2022年3月時点で、届く家具は基本的に新品となっています。

しかし、今後は中古品の利用も視野に入れていると公式サイトに記載がありますね。

無印良品としてはお客様がご利用になられ返却された商品も廃棄することなく、修理・補修を行って再度利用することを行います。今後は、USED品も本月額定額サービスに活用していく予定です。

※出典:無印良品公式サイトQ&A

サービス検討のご参考にしてください。

 

STYLICS

STYLICS
出典:STYLICS公式サイト

「STYLICS」は2003年に日本で初めて、家具を選べるサブスク型のレンタルサービスを開始。

いわば、家具サブスク業界のパイオニアですね!

 

新宿駅にも実店舗があるので、実際に気になる家具をチェックできることもメリットです。

<ポイント3つ>
・届く家具はすべて新品
・日本全国のエリアに対応
3年間は商品価格を超えない支払総額

なんと家具の種類は、150ブランド7万点という豊富なラインナップを揃えます。

信じられない数ですよね…

選びきれない家具ですが、プロのコーディネーターに相談をしながら、おすすめの家具を選べます。

 

料金や対象エリアなど、基本的なサービスレベルはこちら。

対象家具
最低価格100円
長期割引なし
返却費用あり
商品による
送料あり
商品点数による
割引あり
レンタル期間基本24ヶ月〜
対象エリア日本全国
商品数
家具の購入

基本レンタル期間の24ヶ月が過ぎたら、1ヶ月単位の自動更新となっています。

商品が気に入ったら購入することもでき、レンタル料金は3年間は絶対に定価を超えない支払い金額となっています。

コスパを気にすることなく、安心してレンタルを検討できますよ。

 

全ての商品が新品家具なので、中古が絶対にイヤな人は検討したいサービスの一つですね!

家具のサブスク|メリット3つ

家具レンタル メリット

それでは、家具のレンタル定額サービスのメリットを3つまとめます。

 

購入ではなくサブスクを利用することで、自分の好みにあった様々な家具を楽しむことができますね。

比較検討をする上で、ポイントを把握しておきましょう。

引っ越しがラクで安い

引っ越しに伴い、家具を捨てたり新しく購入することは必然です。

レンタル家具の場合、引っ越しに伴う初期費用を圧倒的に抑えることができます。

 

新しく家具を購入する場合は数万円かかりますが、レンタルだと数千円からOK。

お金のない若者でも、オシャレ家具を自宅に飾れると好評です。

 

家具を返却して引っ越しを行うので、引っ越し費用も抑えられるメリットがあります。

テレワークなど急務に対応

新型コロナウイルスの影響で拡大したテレワーク。

在宅勤務用のデスクや椅子がないと、嘆く声が多く聞こえてきました。

 

数か月間のテレワークを乗り切るために、家具のレンタルを利用する方が急増。

特にオフィスチェアは品薄になることも多くありました。

 

在宅勤務が根付きそうな会社の人は購入、様子見の方はレンタルで対応することも選択肢の一つです。

家具のサブスクは、まさに時代に即したサービスといえるでしょう。

高級家具をお試しできる

subsclife」や「airRoom」をはじめ、家具サブスクサービスでは高級家具を多く取り揃えています。

定価3~5万円の家具は購入へ踏み込めませんが、レンタルなら別ですね。

 

まずは数か月間“お試し”という感覚で、オシャレ家具を使うことができます。

「airRoom」や「subsclife」は気に入ったらそのまま購入できるので、愛着が湧いても問題なし!

 

クリスマスパーティなど、自宅に大人数を呼ぶときにレンタルするのもおススメですよ。

お洒落な部屋を演出できちゃいますね!

家具のサブスク|デメリット3つ

家具レンタル デメリット

続いて、家具のレンタル定額サービスのデメリットを3つまとめます。

 

「購入か?レンタルか?」という議論は、家具に限らず様々なサービスでありますね。

どちらかが一方的に悪いのではなく、良し悪しを理解した上で比較検討することが大切です。

サービスによっては新品主義に合わず

レンタルやサブスクサービスの宿命ですが、自宅へ届く品はセカンドハンド品(中古)の場合があります。

「絶対に新品がいいんだ!」という人には、向かないサービスにもなりますね。

しかしもちろん、修理・クリーニング・消毒はバッチリなので家具のキレイさは気にするレベルではありませんよ。

 

そして「subsclife」は基本的に新品の家具が届きます。

あなたの考え方に合わせて、最適なサービスを検討していくことが大切ですね。

戸建てには不向き

家具のレンタルサービスは、引っ越しの手間を軽減するために考えられ、主に賃貸住みのユーザーに向けて設計されています。

自宅を購入した方は、長期目線で家具も購入するべきでしょう。

 

しかし、レンタルした家具をそのまま購入できるサービスもあるので、最終的な目的に応じて家具を選びたいですね。

 

モノを持つ時代から、シェアする時代へ。

これからは、賃貸住宅とレンタル家具がセットになる時代が主流になるかもしれません。

対象エリアがまだ限定的

CLAS」も「airRoom」共に2022年3月時点では、全国での利用は叶いません。

関東もしくは関西エリア+αのみでの利用です。

 

しかし「subsclife」は全国展開している唯一のサービスとなり、エリア観点での検討ハードルが一気になくなります。

ご自身の住んでいる地域によって検討サービスをみていきましょう。

 

他2社はこれから全国展開していく事が見込まれますが、まだ利用できない人が多いことも事実。

今後のエリア拡大に期待したいですね!

家具のサブスク|口コミ・評判

家具のサブスク 口コミ 評判

そもそも「家具のサブスク」というサービスは満足度が高いのでしょうか?

 

月額で支払いが発生することが嫌で、一括購入が割りに合う人も多いでしょう。

とはいえ、初期投資が安く気軽にオシャレなブランド家具が試せる嬉しさがあります。

 

Twitterを中心に「家具のサブスク(レンタル)」各サービスの口コミや評判をまとめてみました。

家具のサブスク|良い口コミ・評判

それではまずは、家具のサブスクのいい口コミからみていきましょう。

月3kくらいでデスク・チェアとチェストをいい感じに好みのブランドで注文できたのでこれは楽しいぞ

買う前にお試しできて良いね。時代だなぁ〜

最近はCLAS(クラス)というサブスを中心に、ガチでコスパ良く使えるようになってきました。

 

「意外とコスパが良い」
「買う前に試せるのは最高」
「好きなブランドを楽しめる」

など、好意的な声がネット上でも見受けられました。

 

やはり何より初期投資が安く、有名ブランドの家具家電を試せることが最大のメリットですね。

引越しして直ぐはまとまったお金がないので、サブスクで解決する人も増えています。

 

「オシャレな家具で生活したいけど、初期費用が少ない!」という方は、検討して間違いないサービスといえますね。

家具のサブスク|悪い口コミ・評判

それでは続いて、家具のレンタルの悪い口コミをみていきましょう。

月額は安くても返却手数料とかで総額にすると思ったより高い。

家具のサブスク、昔考えたことあったんだけど結構高いんだよな

家具のサブスク気になって調べたけどやっぱりちょい高い

 

「なんだかんだ高くない?」

という声が、ネガティブの口コミとして多く見受けられました。

 

例えば「CLAS」では返却手数料がなく、1ヶ月間から家具を借りられます。

短期レンタルで超高くなることもないので、料金面では安心してレンタルをすることができますね。

 

あなたの生活スタイルを鑑みながら、サービスの検討をしていきましょう!

【家具のサブスク】大手5社を徹底比較|まとめ

それでは、家具のサブスク各社のまとめをおさらいします。

subsclifeCLASairRoom無印良品STYLICS
対象家具・家電家具・家電家具・家電家具家具
最低価格550円440円550円120円100円
長期割あり
商品による
13ヶ月〜:20%OFF
25ヶ月~:50%OFF
37ヶ月~:80%OFF
なしあり
商品による
なし
返却費あり
商品による
なしなし
送料3,300円
なしあり
商品による
送料あり
商品による
無料3,300円あり
商品による
あり
商品点数による
割引あり
レンタル期間3ヶ月~24ヶ月1ヶ月~自由3ヶ月~自由1年/2年/3年/4年24ヶ月〜
対象エリア日本全国関東一都三県
関西二府一県
関東および関西+α
16都府県
日本全国日本全国
商品数
家具の購入不可
メリット・人気ブランド多数
・最新家電も対応
・諸経費が不要
・1ヶ月からレンタルOK
・商品数が多い
・プロのコーディネートあり
・特定ブランドによる
部屋の統一感
・7万点の商品
・新品の家具
デメリット・短期レンタルは
月額料金が高い
・対象エリアがまだ少ない・送料が掛かる・最短1年から
・対象商品が少ない
・基本利用期間が24ヶ月

様々なサービスが展開されている、家具のサブスク(レンタル)サービス。

もちろん、メリットがあればデメリットもあります。

 

正直、戸建を購入している方にとっては、あまり効力を発揮しないサービスだと思います。

20代に出会いたかったサービスだったと、声を大にして言いたいです。

気になるサービスを要チェックしていきましょう!

 

「subsclife」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

 

CLASに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

airRoomに関する口コミ・評判はコチラの記事でまとめています。

 

「無印良品 定額レンタル」の詳細や口コミ・評判については、コチラの記事でまとめています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました