結婚式二次会の会費こそキャッシュレスで事前決済を【PayPay】

結婚式二次会キャッシュレス 生活
スポンサーリンク

現金を使わない世界にしましょう!
(どうした突然…)

先日、知人の結婚式の二次会に2件参加してきまして、1件は受付担当をしました。

女性6,000円、男性8,000円の参加費だったのですが、基本的に10,000円札での支払いが多く、1,000円札のおつりを渡すばかり。
用意していた大量の1,000円札もすぐになくなりバタバタしていました。。

翌々週、別の結婚式の二次会に参加した際、驚きました!
「PayPay」での支払いがOKだったのです。
私はPayPayで支払い、おつりのやり取りが発生せず、客としてストレスフリーでした(もちろん、現金対応もしてました)。

結婚式二次会担当のあなた!キャッシュレス導入を検討してみてはいかがでしょうか!
メリットやデメリット、導入方法までまとめてみました。

こんなヒト向けの記事:
・結婚式の二次会を考えている新婚さん
・結婚式の二次会を任されている幹事さん
・結婚式の二次会の受付担当さん
スポンサーリンク

結婚式二次会の会費こそキャッシュレスの導入を

キャッシュレスってどんなサービスがある?

なんだか最近、色んなところで「ペイ」を聞きますよね。
LINEPay、PayPay、メルペイ、楽天ペイ…

多すぎてよく分からん!!!

もう、本当その通りですね。

キャッシュレスサービスは大きく以下の3ジャンルに分けられます。

・カード
例:楽天カード、Yahoo!カード、三井住友VISAカードなど
・電子マネー
例:Suica、PASMO、GooglePay、iDなど
・QRコード
例:PayPay、LINE Pay、楽天Pay、d払い、auPay、など

特別な機器などの導入の必要がなく、結婚式の二次会でも利用できるキャッシュレスのジャンルは「QRコード決済」です。
主催者が用意したQRコードを参加者がスマホで読み取るだけで、決済が完了します。非常に便利です。

では、導入はどうすればいいのか?注意点はあるのか?紐解いていきましょう!

どのQRコード決済サービスがいい?

群雄割拠のキャッシュレスサービスで、結婚式二次会の受付ではどれを利用すればよいのでしょうか。

個人的には
PayPay一択です。
理由は、主催者が金額固定のQRコードを発行できるからです。

LINEPayと楽天Payは、送る側がスマホ上で連絡先から相手を選択して送金する事ができます。逆に言うと、元々LINEやメールアドレスなどを知らない相手には送金することができません。

PayPayは、送る側がスマホでQRコードを読み取るだけで、誰にでも送金する事ができます。2019年5月末の現時点では、 1対他の送金を行うにはPayPayが最適だと思います。

QRコードの作り方は?(主催者向け)

送金用のQRコードの作成方法を教えます。

まずPayPayアプリをインストールしてください。
PayPayアプリをまだインストールしていない人は、こちらから。

1, PayPayアプリの「受け取る」タブをタップ

PayPay受け取る

2, QRコードが出てくるので、「リクエスト金額を追加」をタップ

PayPayマイコード

3, 金額入力画面になるので、結婚式二次会の費用を入力し、完了ボタンを押してください。

PayPayリクエスト金額

4, 結婚式二次会の8,000円支払い用のQRコードが完成しました。

PayPayマイコード2

この画面をキャプチャに取って印刷します。
印刷した紙をアクリルフレームなどに入れれば完成です。

 

このQRコードを二次会参加フォームに記載しておけば、事前決済も可能です。

当日の受付では名前を伝えるだけなので、とてもラクです。

QRコードでの決済方法は?(参加者向け)

参加者はどのように決済すればよいのでしょうか?

1, PayPayアプリを開き、 下部の「支払う」タブをタップします。

PayPayトップ2

2, 右下の「スキャン支払い」をタップします。

PayPay支払い

3, QRコードを読み取ると以下の画面になるので、「自分の名前」をメッセージ欄に記載してもらうようにしましょう!(誰の支払いなのか明確にするため)

PayPay送金

以上で、送金完了です!
おつりの手間なく会費を支払うことができました^^



デメリットは?

キャッシュレスになることで、手間なくできるのは非常にメリットですが、結婚式の二次会の会費をPayPayで支払うことのデメリットはもちろんあります。

受け取った会費はPayPayで消費するしかない

PayPayは現在、銀行口座への出金ができないので、受け取った会費はすべてPayPayで消費するしか方法はありません。100人の参加者で会費8,000円だと80万円。なかなかの金額ですね^^;w

なので、二次会会場の清算が現金オンリーの場合は、PayPayでの集金は厳しいかもしれません。。PayPay対応している場合は、そのまま集金したPayPayから清算してしまいましょう。

また、公式のヘルプページには以下の記載があります。

なお、銀行口座に出金する機能は、今後ご提供予定となっております。

銀行口座への出金が可能になれば、このデメリットは解消されるので期待して待ちましょう!

一方、PayPayは既に利用可能店舗が50万店を超えており、今後もセブンイレブンイオンなども導入が決定しています。
PayPayに限った支払いでも、使い道という点では意外と問題ないかもしれません。

PayPayが使えるお店一覧はこちら

参加者がPayPayインストール済み必須

当たり前ですが、参加者は事前にPayPayをインストールしてもらう必要があります。受付でインストールし初期設定をしていたら、現金で支払っているほうがスムーズです。

解決策はシンプルで、結婚式二次会のご案内の連絡にて「PayPayでの支払いOKです」と記載しておきましょう。

結婚式二次会のキャッシュレス導入方法|まとめ

・結婚式の二次会の会費をキャッシュレス化しよう
・おすすめは個人でQRコード発行ができる「PayPay」
・PayPayは銀行口座への出金ができない(今後予定あり)
・二次会の案内で「PayPay支払いOK」と事前に伝えよう

お祝いの席だからこそ、ストレスフリーな環境を作っていくことはとても大切だと思います!

結婚式の二次会を検討している皆さんのご参考になれば幸いです。

※2019年5月22日執筆
今後キャッシュレスサービスは様々な機能アップデートがあると想定されるので、それに準じて記事の編集をいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました