【アナザーアドレス】口コミや評判は?メンズ服もサービス開始|特徴を解説

アナザーアドレス 口コミ 特徴サブスク

服は購入からレンタルする時代へ。

「アナザーアドレス(Another ADdress」は、サブスク形式で洋服をレンタルできる、新しいファッション体験を提供しているサービスです。

運営は大丸松坂屋百貨店がしており、注目が集まっています。

 

毎月新しいブランドファッションを手軽に楽しむことができ、トレンドに合わせたスタイルを試せると評判。

そして、2023年3月からはメンズ服の対応も開始したことで、利用者の幅も拡大しています。

 

本記事では、服のレンタル「アナザーアドレス」の特徴や口コミ・評判についてまとめました。

アナザーアドレス|特徴5つ

アナザーアドレス 特徴
※出典:「アナザーアドレス」公式サイト

百貨店初のサブスク型ファッションレンタルサービスとして開始したのは、2021年4月。

 

会員数は1万5,000人超、総レンタル数は約10万着(いずれも2月20日時点)に伸び、対前年の売上成長率は327%増加と人気が止まりません。

また、平均退会率はわずか約1%と登録者の大半がサービスを継続している状況も、評判の良さを伺えます。

 

それでは、「アナザーアドレス」の特徴を5つご紹介します。

200を超える有名ブランド

さすがは百貨店が運営するファッションサブスクといえるでしょう。

有名ブランドが軒を連ねており、ユーザーは好きなブランドを選んで在庫がある服を自由にレンタルすることができます。

出典:「アナザーアドレス」公式サイト

上記はあくまで対応ブランドの一部となっており、一度は聞いたことがある名前も多いですね。

 

商品を選ぶ際は「カテゴリ」「ブランド」「サイズ」から検索できるので、商品が多くても好きな服が見つかりやすい仕様となっています。

あなたに合った服がきっと見つけるでしょう。

レンタルチケット+配送チケット

「アナザーアドレス」では、レンタルチケット配送チケットの2つのチケットを使って、洋服のレンタルと配送を行います。

 

まず、レンタルチケットは、1枚で1着の洋服をレンタルすることができます。

レンタルする際には、サイト上でレンタルしたいアイテムを選び、レンタルチケットを利用して1ヶ月間の申し込みを行うだけでOK。

チケットは、プランにお申込みした日に毎月付与されます。

 

次に、配送チケットは、レンタルした洋服を配送する際に使います。

1チケット=1回片道配送可能なチケットとなるので、注文時と返却時に1枚ずつ必要となるので注意。

1回の注文(配送チケット1枚)でレンタルできる着数は、5点までとなっています。

 

チケットの有効期限は以下。

・レンタルチケット:付与された月を含む12ヶ月間
・配送チケット:付与された月を含む15ヶ月間

しっかりと使用機嫌を把握してサービスを利用していきましょう。

3つの料金プラン

アナザーアドレスでは、着数に応じて3つの料金プランが用意されています。

ライト
プラン
スタンダード
プラン
スタンダード
プラン+
月額料金
(税込)
5,500円11,880円22,000円
着数1着3着5着
レンタルチケット1枚3枚5枚
配送チケット2枚2枚4枚

「どんなサービスか試してみたい…」という方は、ライトプランから検討していきましょう。

お出かけ用の服を数パターン探している場合は、スタンダードプランで間違いありません。

 

そして、イメージと違う、サイズが合わないなど理由に関わらず着用しないアイテムは、1回のご注文につき1点まで返品可能。 

また、契約期間の縛りはないので、マイページからいつでも簡単に休会(支払い停止)することができるのも、検討する上で嬉しいポイントですね!

気に入った服は購入可能

レンタルした服が気に入った場合は、返却ではなく購入できます

購入の方法には「買取り」と「新品購入オファー」の2種類があるので、好きな方を選べますよ。

・「買取り」…レンタルアイテムを中古品として購入
・「新品購入オファー」…レンタルアイテムと同一の新品を取り寄せて購入

 

「買取り」で購入する場合、そのアイテムが過去にレンタルされた回数に応じた割引率は設定しています。

レンタル回数割引率
0回10%OFF
1〜2回20%OFF
3〜5回30%OFF
6〜8回40%OFF
9〜11回50%OFF
12〜14回60%OFF
15回以上70%OFF

販売価格は、マイページ内の「レンタル中のアイテム」>「買取り」に記載されているので、会員ならばすぐに確認することができます。

また、すべてのアイテムが買取りの対象ではないので、ご注意ください。

百貨店が運営の安心感

前述していますが、「アナザーアドレス」の運営会社は、老舗百貨店の「大丸」と「松坂屋」を運営する株式会社大丸松坂屋百貨店。

大丸は1717年に開業、松坂屋は1611年に創業した日本を代表する百貨店ですね。※創業当時は呉服屋

幾度となく経営統合などが行われ、2010年3月から現在の株式会社大丸松坂屋百貨店として会社経営が行われています。

 

ファッションのサブスクは若い会社が多い一方で、「アナザーアドレス」は老舗企業という安心感がポイント。

また「百貨店=古い」というイメージを持つ方も多いと思いますが、品揃えも多くサイトのスタイリッシュさも印象が変わりますね!

アナザーアドレス|口コミや評判

アナザーアドレス 口コミ 評判

ファッションのサブスク「アナザーアドレス」の口コミ評判が気になりますよね。

いい評価・悪い評価それぞれ見ていきましょう。

 

Twitterなどからネットの声を中心にまとめてみました。

アナザーアドレス|良い口コミ・評判

それではまず最初に、アナザーアドレスの良い口コミからご紹介します。

アナザーアドレスでかわいいお洋服届いた〜かっわいいっ…

アナザーアドレス、高い服買っても管理が自信ないし買ってすぐ値下げしてるの見るとちょっと萎えるし場所取らないしいいかも

アナザーアドレスのお洋服は、それが主役。お高いだけあって質も良く、ワンピースなんかのラインも綺麗で、着るだけでテンションあがる。

 

「かわいい服が届いた」
「レンタルは場所取らないから良い」
「主役級の質が良い服でテンション上がる」

といった、ポジティブな口コミや評判がネット上で見受けられました。

 

大丸松坂屋百貨店が運営しているので、ブランド服の間違いなさはお墨付きです。

サブで着る服ではなく、まさにメイン(主役級)の服をレンタルで着たい人にとっては最高のサービスですね。

 

サイトに並ぶ個性的な服を見ているだけで、ワクワクしちゃいます!

アナザーアドレス|悪い口コミ・評判

続いて、アナザーアドレスの悪い口コミをご紹介します。

洋服サブスク、アナザーアドレスさんから入会案内届いたけど、やっぱ良い感じのやつは全部借りられてるって感じで口コミ通りって気がする…

アナザーアドレスやってみたいけどね。微妙に高い。

エアクロみたいに選んで持ってきて欲しい。カタログだけ見ていると、デザイン性強すぎ感。

 

「ちょっと値段が高い」
「借りたい服の品切れが多い」
「デザイン性・個性の強い服が多い」

といった、ネガティブな口コミやコメントも一部見受けられました。

 

汎用的な服もありつつ、ブランドの個性的な服も多いので、人を選ぶサービスとも言えますね。

日常的な服をレンタルしたい場合は、同じくファッションレンタルの「SELECT」や「メチャカリ」などが人気です。

 

あなたの目的に応じたファッションサービスを選んでいきましょう!

アナザーアドレス|まとめ

・200を超える有名ブランド
・レンタルチケット+配送チケット
・選べる3つの料金プラン
・気に入った服は購入が可能
・大丸松坂屋百貨店が運営の安心感

「アナザーアドレス」は、百貨店が運営するファッションのサブスクで、お得にブランド服を気軽に楽しめるサービスです。

トレンドに合わせたスタイルを手軽に試すことができる点や、新しい洋服を購入するよりも経済的である点が人気の秘密です。

「安心感&お手軽さ」がポイントですね!

 

様々な種類のブランド服を着用したい方にとっては、検討したいファッションサブスクサービスの一つで間違いありませんよ。

あなたのスタイルに合ったファッションを見つけていきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました