【ライブレポート】【ロッキン2019】MONGOL800(モンパチ)のセトリ・感想

MONGOL800 ロッキン2019 ライブレポート 音楽
スポンサーリンク

2019年8月3日、4日、10日、11日、12日にROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019が開催されました。

その中で12日(月・祝)のGrass STAGEのトップバッターを飾ったMONGOL800

 

盛り上がるしかないセトリ。

粒マスタードさんのパフォーマンス。

まさかのWANIMAが乱入。

 

最高でした!!

1時間ぶっぱなしのステージで、最初から最後まで盛り上がり続けました。

 

ROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019のMONGOL800のライブレポートをまとめました!

こんなヒト向けの記事:
・MONGOL800が好き
・MONGOL800のロッキンが最高だった
・ロッキンに行けなかったらから様子を知りたい
スポンサーリンク

【ライブレポート】【ロッキン2019】MONGOL800(モンパチ)のセトリ・感想

MONGOL800がROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019で演奏したセトリはこちらです。

M1 PARTY
M2 あなたに
M3 Love song
M4 OKINAWA CALLING
M5 honeymoon
M6 TRY ME ~私を信じて~
M7 小さな恋のうた
M8 DONʼT WORRY BE HAPPY

盛り上がるしかない、最高のセトリでした。

 

ちなみに、筆者が予想していたセトリは6/8曲が正解!

ラスト1曲以外は順番違ったけど・・w

 

では、乱入ゲストも多かった、ROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019でのMONGOL800のライブレポートをまとめます。

サポートギターはWANIMAのKO−SHINさん

MONGOL800はギターの儀間崇さんが2019年7月3日に脱退をしました。

ROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)では、誰がサポートギターをやるのか注目されていました…

 

そんな中、WANIMAのKO−SHINさんがロッキン前日に投稿したTwitterがコチラ。

「ロッキン会場 朝10時30分着」と書かれた段ボールを掲げている姿。

持っているギターの型が儀間崇さんと同じ、10時30分はMONGOL800の出番。

このツイートを見つけたファンからは「サポートギターはWANIMAのKO−SHINさん!?」と噂になりました。

 

そして本番、MONGOL800の登場とともに、WANIMAのKO−SHINさんが登場

キヨサクさんの「遊びましょー!」の声と共に1曲目の「PARTY」の演奏が始まり、会場は一気にヒートアップ。

 

最高の1時間がスタートしました。

サビで大合唱した「あなたに」

2曲目に演奏された「あなたに」

累計278万枚を売り上げたアルバム「MESSAGE」に収録されている1曲目です。

 

イントロのギターが鳴り響くと、会場からは「おー!!」と歓声が沸きました。

キヨサクさんはとても楽しそうに歌っており、KO−SHINさんの歌もここで初披露。

イントロからAメロBメロと盛り上がり続け、そのままサビへ。

 

「あ~な~た~に 会いたくて~」

と、会場は割れんばかりの大合唱。

野外の夏空で数万人が一体となって歌う…最高の空間でした。

 

キヨサクさんから促される間もなく、会場のお客さんが自然と口から出ていた様な気がします。

それだけ皆のココロの中に居続けている名曲だと、改めて実感しました。

会場を盛り上げた「粒マスタード安次嶺」

MONGOL800のライブを語るうえで外せないのが、粒マスタード安次嶺さん(以下、粒さん)。

沖縄で活動しているパフォーマーで、MONGOL800メンバーの高校の先輩です。笑

 

4曲目の「OKINAWA CALLING」から登場。

粒さんを知っている人達は「おー!待ってました!」と言わんばかりの笑いと歓声

粒さんを知らない人達は「誰?なに?変な人でてきた!」と言わんばかりの戸惑い

 

しなやかな動きのダンスと、何とも言えない表情でステージを駆け巡ります。

「OKINAWA CALLING」のサビでは、手を叩いて横に振るダンスで会場中が踊ります。

もはや会場の目線はMONGOL800ではなく、粒さんを追っていたのではないでしょうか。

 

あの熱すぎる日差しの中、その後もステージを走り回り、最後まで会場を盛り上げ続けてくれました・

会場の一体感を担った重要な人物であることは間違いありません!

安室奈美恵さんのカバー「TRY ME」

6曲目に演奏されたのは、まさかの安室奈美恵さんのカバーで「TRY ME」

 

MCでキヨサクさんが「沖縄には”島人の宝”がたくさんいるんです。」と呼びかけると、会場は「もしや”島人の宝”を歌う?」という空気に。

 

「ORANGE RANGEや〇〇や△△…(すみません、忘れました苦笑)

「そして、昨年引退した安室奈美恵さん!」

「そんな安室奈美恵さんの曲を、勝手にカバーします」

 

会場からは大歓声が巻き起こりました。

沖縄の宝をこれからも伝えていきたい、というMONGOL800の心意気を強く感じた選曲です。

 

安室奈美恵さんの沖縄での引退ライブでも演奏していたMONGOL800。

2019年2月に行われた東京武道館のワンマンライブでも「TRY ME」は演奏されていました(しかもアンコールw)

 

MONGOL800らしいアレンジが素晴らしく、もはや自分の曲のごとく演奏していました。

「安室ちゃんの方がいい!」みたいな話とは、全然違う次元の演奏でした。

第一線で活躍し続けているアーティストとは、自分を表現するレベルが圧倒的に違うと感じた1曲です。

(同日に行われたスピッツによるRADWIMPSのカバー「前前前世」を聴いた時にも、同じことを思いました)

会場が一体となった「小さな恋のうた」

日本で知らない人いるのかな?という名曲の「小さな恋のうた」

2019年には楽曲をテーマにした映画も公開されましたね。

 

「デビューあたりから、ほぼずっと歌い続けている楽曲です」というキヨサクのMCで「おー!」「待ってました」と言わんばかりの会場の歓声。

演奏が始まると会場の盛り上がりは最高潮へ。

自然と口ずさんでしまう人、身体が動いてしまう人、泣いている人…様々な人がいました。

 

そして、2番のサビが終わった後のCメロへ…

キヨサクさんが「みんなー!歌ってくれー!」とマイクを客席へ向けます。

ここから会場での大合唱が始まります。

 

「夢ならば覚めないで 夢ならば覚めないで♪」
「あなたと過ごした時 永遠の星となる♪」

 

あの時の会場の一体感たるや、映像では味わえない最高のものだったと思います。

青春時代や恋愛、夏の思い出など、会場にいる一人一人が違った感情を思い起こしていた事でしょう。

 

「小さな恋のうた」という名曲の力強さを、改めて実感した一日でした。

最後はWANIMA全員が乱入

サポートギターとしてWANIMAのKO−SHINさんは演奏していましたが、なんと最後にWANIMA全員が乱入!

 

ラストの「DONʼT WORRY BE HAPPY」が始まる前にWANIMAのドラムのFUJIさんが、粒さんと同じ格好で乱入。

まさかの二人の粒さんで会場を盛り上げました。

 

そして、演奏が始るとなんと、WANIMAのボーカルのKENTAさんもマイクを持って乱入

会場は一気にヒートアップしていきました。

 

盛り上がり冷めやらぬまま「DONʼT WORRY BE HAPPY」の演奏が終わり、最高の1時間となりました。

バラード曲が一つもなく、暑い夏に最初から最後までぶっ放した最高のセットリストでした。

【ライブレポート】【ロッキン2019】MONGOL800(モンパチ)のセトリ・感想|まとめ

M1 PARTY
M2 あなたに
M3 Love song
M4 OKINAWA CALLING
M5 honeymoon
M6 TRY ME ~私を信じて~
M7 小さな恋のうた
M8 DONʼT WORRY BE HAPPY

「沖縄よりもマジで熱い!」とキヨサクさんがMCで言っていたROCK IN JAPAN(ロッキンジャパン)2019。

気温として暑かったですが、MONGOL800の演奏はさらに気温を上げました。

最高のパフォーマンスで、「ロッキンの一日が始まった!」と会場の誰もが感じたことでしょう。

 

20周年を迎えたMONGOL800は、これからも前に突き進んでいきます。

今も昔も大切にしているMONGOL800の活躍が、これからも楽しみです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました