【ウェルスナビ】分配金で複利効果を生む!プラス実績を公開。

分配金アイキャッチ 投資
スポンサーリンク

TVCMも放映している、
ロボアドバイザーのウェルスナビで運用中です。

本日は、ウェルスナビの「分配金」についてまとめます。
実際にいくらもらえているのか?実績を公開します。

結論、手数料をまかなえる金額がプラスになっています。

こんなヒト向けの記事:
・これからウェルスナビを始めようと迷っている方
・ウェルスナビを始めてみたけど、「分配金」って何?と思っている方
・「分配金」で「手数料」がカバーできるか気になる方
スポンサーリンク

ウェルスナビの分配金の実績を公開!

結論
・「分配金」は定期的に入金される
・ETFの銘柄によって分配周期が異なる
・「分配金」で「手数料」をカバーできる

「分配金」っていくら入金されるの?

これは、ポートフォリオによって異なるので一概に言えません。
私の実績を公開するので、一つの参考としてください。
(運用100万円スタート、月3万円積立)

ウェルスナビ分配金実績グラフ

毎月で入るAGGは約100円。
3ヶ月毎に入る銘柄は、合計3,000~4,400円でした。

私の場合は多いときで、約4,500円/月の分配金という実績になりました。

「分配金」はいつ入金されるのか?

公式サイトに以下記載がありました。

・毎月:AGG、TIP
・3ヶ月ごと(3月、6月、9月、12月):VTI、VWO、VEA、IYR

上記はあくまで予定であり、分配金が発生しない場合や、分配の時期が変更となる場合もあります。
なお、GLDでは分配は行われません

では、実際に私の運用実績を見てみましょう!

2018年10月29日:運用開始
2018年11月8日:分配金(米国債権AGG)
2018年12月10日:分配金(米国債権AGG)
2018年12月25日:分配金(米国債権AGG/不動産IYR)
2019年1月4日:分配金(米国株VTI/日欧株VEA/新興国株VWO)
2019年2月8日:分配金(米国債券/AGG)
2019年3月8日:分配金(米国債券/AGG)
2019年3月29日:分配金(不動産IYR)
2019年4月2日:分配金(米国株VTI/新興国株VWO)
2019年4月5日:分配金(日欧株VEA)
2019年4月10日:分配金(米国債券AGG)

定期的に分配金が入金されるのも、ウェルスナビのいいところですね。

「分配金」はどこに入金されるの?

ポートフォリオ内の「現金」に追加されます。
「現金」が一定量を超えると、そこから各銘柄を自動的に買い付けにいきます。

ウェルスナビ資産内訳

つまり、分配金をそのまま投資にまわしてくれるので、
ウェルスナビは複利運用となっています。

「分配金」で手数料をまかなえるの?

ウェルスナビで気になるのが「手数料」。
通常1.0%、長期割でも0.9%という金額で、少しお高いと感じる方もいらっしゃると思います。
今回は、「分配金」で「手数料」をまかなえているか、計算してみました。

結論、私はまかなえています。

手数料:-4,685円
分配金:+8,454円
※2018年10月29日~2019年4月末時点

ということは、早く始めるほどプラスも大きくなるということですね!
ウェルスナビは手数料の長期割もあるので、
迷っている場合は「まずやってみる」べきおススメの投資です。

月別の運用結果は以下でまとめています。

ウェルスナビを始める方はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました