「賢くなる方法」はあるのか?「賢く見せる方法」は簡単です!

賢く見せる方法 生活
スポンサーリンク

賢くなりたい…
誰もが人生で一度は感じることと思います。
TVで東大王なんてクイズ番組を見ていると、同じ人間とは思えない知識量と想像力を見せつけられて唖然としますね。

賢くなるには、勉強をする、絵画を学ぶ、色んな人と対話をする…様々な方法がありますが、
正直、地頭の限界ってあると思うんですよ!!
悲しいかな生まれもった才能に勝てないラインは存在します。

しかし世の中には「勉強はできないけど、賢く見える人」が多く存在します。例えば、お笑い芸人さんは筆頭ですよね。
高校でもそこまで勉強していない、大学も行っていない、それでもなぜだか賢く見える、不思議ですよね。

これはただ単に、「賢く見せている」だけです。
「賢く見せる方法」は誰にでも出来ます。簡単です。

こんなヒト向けの記事:
・周りから頭が悪いと言われている
・賢くなる方法に悩んでいる
・賢く見せる方法を知りたい
スポンサーリンク

頭を賢く見せる方法とは?

賢く見せる方法は一つです!
シンプルです。

 

「一つの話題に対して、マイナーな情報を話す」

 

これだけです。

ちょっと何を言っているか分からないでしょうか。笑
では、詳しく説明していきます。

マイナーな情報

例えば、
「サッカーの日本代表で好きな選手は誰?」
と聞かれたとします。

二つの返答、どちらが賢く見えますか?

Aさん
「○○選手かな。日本代表で前回もW杯にも出たし、プレーも魅力的だよね。 このヒトがいるとチームが機能するのが目に見えているよね。パスも良く通るし、ミドルシュートもこの間の試合で決めたしね!」
Bさん
「△△選手かな。あまり有名じゃないかもしれないけど、この選手はかなり 苦労人なんだよね。高校サッカーであまり活躍できなくて、大学サッカーで 実力が開花して、23歳でプロになった選手。28歳で初めて代表に呼ばれた遅咲きの選手なんだ。ハングリー精神が強いからここぞという時のパワフルさ が好きだなー」

Bさん、めっちゃサッカー詳しそう!
と思いますよね。
もはや日本代表の全選手のエピソードを知ってそう!とまで勘違いしてしまいませんか?

ここで重要なのは、
「Bさんは、Aさんが言っている情報レベルは知っているだろう。」
と思ってしまうことです。



情報のドーナツ化現象

先ほどの説明のイメージ図がこちらです。

メジャーマイナー

①メジャー情報だけ知っている
②メジャー情報+マイナー情報を知っている
③マイナー情報だけ知っている

注目すべきは③の「マイナー情報だけ知っている」です。
通称、情報のドーナツ化現象です。笑

外側から見ると、メジャー情報というドーナツの中までは見れず、すべての情報を知っているヒトの様に見えます。

マイナーな情報を知っている人=メジャーな情報も知っている、
→このジャンルを詳しく知っている、と勘違いします。

賢くなる方法は?|まとめ

結論、賢く見せる為には、すべてを知る必要はありません!
ドーナツの外側、マイナー情報を話せるようにしておきましょう。

好きな歴史上人物は?と問われ
「豊臣秀吉」を挙げるよりも、その兄の「豊臣秀長」を挙げてどんな人物か少し語ってみましょう。
すると「豊臣秀吉」のことまで全て知っているかのように錯覚されます。

賢くなる方法はヒトを選びますが、賢く見せることは誰にでも出来ます。日常会話で起きそうな各ジャンルごとにマイナー情報を取り揃えていると、賢く見えるので是非お試し下さい^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました