【親必見】春休みの過ごし方に悩む|おすすめの新学期の迎え方7選

春休み 過ごし方生活

お子さんを持つ親が意外と悩んでしまう、春休みの過ごし方

夏休みと冬休みは学校からの宿題もあるので、お子さんへの注意も促しやすいですが、宿題も少ない春休み。

 

地域や学校によって異なりますが、春休みはおよそ2週間。

新学期に向けて、少し時間を持て余してしまう期間です。

「遊びにつれていって」とせがむお子さんも多いでしょう。

 

本記事では、春休みの過ごし方アイディア7選をご紹介します。

こんなヒト向けの記事:
・幼稚園に通うお子さんがいる親御さん
・小学校に通うお子さんがいる親御さん
・春休みの過ごし方に迷っている
スポンサーリンク

春休みの過ごし方【自宅編】

自宅

それでは、まずは自宅でできる春休みの過ごし方アイディアを3つ紹介します。

春休みの過ごし方①「片づけをする」

春休みは年度が変わるタイミングです。

来年度から利用しないものを、中途半端に残さず捨てましょう。

“定期的にモノを捨てる”という作業を行うことで、日常的に部屋を整理整頓する思考を鍛えることにもつながります。

 

片づけをするにあたり、コツは以下の3つに分ける事。

①必要ないモノ
②来年度も使うモノ
③誰かに譲れるモノ

必要ないモノと親が思っても、子供としては大切で捨てたくないモノは存在します。

勝手に捨てることのないよう、お子さんとも確認をしながら捨てていきたいですね。

ただ、本当に捨ててよいモノなのにお子さんが駄々をこねている場合は、少し時間を置いてから改めて説明をしましょう。

 

衣服など誰かに譲れるものは早めに確保して、近所の人に渡すのか、メルカリなどフリマアプリで売るのか整理。

新学期で忙しくなる前にかさばるものを処理して、親子ともに気持ちよく新年度を迎えましょう!

春休みの過ごし方②「遊びながら学ぶ」

折角の休みなので、遊び要素を入れながら勉強をしたいところ。

小学生のお子さんがいるご家庭におススメしたいのが、自宅でのプログラミング教育

 

2020年からは小学校でプログラミング教育が必修化となります。

親世代からすると、エンジニア以外の方は「全然分からない」というのが正直な感想でしょう。

 

そんなご家庭におススメしたいのは「KOOV」というプログラミング教材。

早稲田アカデミーやZ会とも連携しており、小学生のプログラミング教材では存在感を発揮しています。

関連記事:
「KOOV」の口コミ・評判・レビューまとめ

 

商材キットは36,880(税抜)と少しハードルがあるかもしれませんが、全国で無料体験授業が開催されているのがポイント。

しかも、プログラミング講義の場合はキットの購入が必要ないので、初期費用が安いのです。

 

まずはプログラミング体験講座に参加してみて、興味が出たら商材キットを購入してみましょう。

プログラミング教育で培われる独創性や創造力が、明るい日本の未来を創っていきます。

春休みの過ごし方③「家のお手伝いをさせる」

春休みの自宅にいる時間を利用して、お子さんに家のお手伝いをしてもらいましょう。

これまでやらせた事がないことを、敢えてさせてみてもいいかもしれません。

・部屋の片づけ
・朝のゴミ捨て
・リビングの片づけ
・お風呂掃除
・一人で買い物
・料理のお手伝い
・上履きを洗う

学校がある日はバタバタしてできなかったことを、春休みで実践させてみましょう。

 

難易度が高いものに関しては、春休み限定で数十円/1件のお小遣いを渡すのも策です。

お手伝いと併せて、お金の大切さもご家庭で学ばせることができます。

春休みの過ごし方【外出編】

春休み 外出

続いて、外出して楽しむ春休みの過ごし方アイディアを4つ紹介します。

春休みの過ごし方④「一緒に映画を観に行く」

春休みは家族向けの映画が、毎年多く公開されています。

土日などを利用して、お子さんと一緒に映画館へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

2020年3月に公開が予定されている、ファミリー向けのおススメ映画はコチラです。

王道の「ドラえもん」「ウルトラマン」「プリキュア」は今年も公開されます。

ディズニー映画「2分の1の魔法」や「ソニック・ザ・ムービー」など、3DCGアニメも盛り上がってきていますね。

 

お子様が好きそうな映画があれば、是非、一緒に足を運んでみて下さい。

春休みの過ごし方⑤「家族旅行へ出かける」

3月末はまだ肌寒さが残っていますが、日中は15度前後と過ごしやすい気候になってきます。

少しだけ贅沢に、春休みに一泊二日で家族旅行へ出かけてみませんか?

 

レジャー施設や温泉などへ足を運んでみてはいかがでしょうか。

<遊園地・レジャー施設>
東京ディズニーリゾート(千葉)
サンリオピューロランド(東京)
スパリゾートハワイアンズ(福島)
レゴランド・ジャパン・リゾート(愛知)
ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪)
ハウステンボス(長崎)

<温泉>
湯の川温泉(北海道)
熱海温泉(静岡)
草津温泉(群馬)
鬼怒川温泉(栃木)
下呂温泉(岐阜)
白浜温泉(和歌山)
別府温泉(大分)

例え車で1時間あたりの場所であったとしても、宿泊をすることで子供にとっても豊かな思い出になること間違いなしです。

春休みの過ごし方⑥「動物と触れ合う」

小さい頃から経験をさせておきたい、動物たちとの触れ合い

犬や猫を飼っているご家庭は毎日触れ合っていますが、ペットがいないと動物園に行くしかありません。

 

また、動物園だけでなく、「猫カフェ」「ドッグカフェ」「小鳥カフェ」など、気軽に行ける場所もあります。

親としてもゆっくりできるので、カフェ形式はおすすめです。

 

動物と触れ合うことで、子供たちの心の成長へと繋がっていきます。

是非、春休みに行ってみてはいかがでしょうか。

春休みの過ごし方⑦「お花見をする」

春といえば、桜。

桜といえば、お花見ですね!

春休みの最終週に、近くの公園でお昼からお花見をしてはいかがでしょうか。

関連記事:
お花見に持っていくと喜ばれる食べ物25選
お花見を楽しむ為の注意点15コ

 

桜の開花日は地域によって大きく異なるのでご注意ください。

参考までに、2019年の桜開花日をまとめておきます。

福岡:3月21日
広島;3月22日
大阪:3月27日
名古屋:3月22日
静岡:3月28日
東京:3月21日
前橋:3月27日
長野:4月13日
仙台:4月5日
札幌:4月24日

お花見といっても、子供はすぐに飽きてしまいますよね。

アスレチックのある公園、バーベキューができる公園など、プラスαの遊び場ポイントがあると、時間も持つかもしれません。

【親必見】春休みの過ごし方に悩む|おすすめの新学期の迎え方7選

<自宅編>
・いらないモノを片づける
・遊びながらプログラミングの勉強
・家のお手伝い
<外出編>
・映画を観に行く
・家族旅行へ出かける
・動物と触れ合う
・お花見へ行く

春休みの2週間は、新年度への気持ちを切り替えていく大切な時間です。

ダラっと過ごしてしまうのではなく、子供たちへの新しい経験を積む期間にしてあげて下さい。

コメント

タイトルとURLをコピーしました