【質問力まとめ】ビジネスで使える質問スキル【初対面・日常・行動を促す】

質問力 質問スキル仕事

情報を引き出せない
いい質問が浮かばない
相手が話してくれない

ビジネスをしている中で、上手く会話を進めることはとても重要です。

自分の思いを伝えることはもちろん、質問によって相手から情報を引き出し、行動させることが大切ですよね。

 

「質問力」という言葉があるように、質問スキルはビジネスマンの重要な要素です。

本記事では、以下の3つの項目をまとめている記事をご紹介します。

・初対面の相手に有効な質問
・仕事を円滑に進めるための質問
・相手を動かすための質問

皆さまの質問スキル向上のお役に立てれば幸いです。

 

こんなヒト向けの記事:
・相手から情報を引き出すのが苦手
・会話の流れでいい質問ができない
・質問スキルを向上させたい

【質問力】ビジネスで使える質問スキル【初対面・日常・行動を促す】

それでは「①初対面」「②日常」「③行動を促す」の3項目にわけて、質問スキル例をご紹介します。

【質問力】ビジネスの初対面でするべき質問とは【相手が喜ぶ質問】

初対面の相手との最初のアポイントは、とても重要です。

限られた30分間や1時間のなかで、情報を引き出すことが求められます。

 

また、相手との距離感を少しでも縮めて警戒心を解くことも大切ですね。

初対面の相手に対して有効的な質問は、以下の3点です。

・「得意領域」について聞く
・「こだわり」を引き出す
・「悩み」や「課題」を引き出す

いかに相手に気持ちよく喋ってもらい、次のアポに繋げるか。

具体例を交えて紹介している記事はコチラです。

 

初めてのアポイントが苦手な方は、必見です。

【質問力】仕事を円滑に進めるいい質問の仕方とは?【質問スキル5選】

社内会議、雑談ベースの会話、取引先との会話…

ビジネスにおいて、社内外ともに様々な人と毎日会話を交わします。

 

「質問の意図が全然読み取れない…」
「もう少し、具体的に質問して欲しい…」
「この人、何を言っているか分からない…」

そんなことを思うことは多いと思います。

しかし、実はあなたも相手に対して、いい質問を出来ていないかもしれません。

 

ビジネスを円滑に進めるための有効的な質問は、以下の5点です。

・「事実」を引き出してから、意見を引き出す
・「仮説」を立てて質問をする
・「選択肢」を作って範囲を狭くする
・大きな質問には「小さな質問」で返す
・「5W1H」を意識した質問をする

確実に相手から情報を引き出し、次のステップへ進めるための質問スキルです。

 

上記の5例を、具体的に紹介している記事はコチラです。

 

実践的な内容が多いので、明日から使えると思います。

質問スキルをワンランク上げたい人は、必見です。

【質問力】仕事で相手を動かすための効果的な質問は?【具体例5つ】

仕事において質問をする目的とは、次の行動を決めるためです。

そして、その行動を相手にしてもらう為です。

 

説明じゃなくて質問で相手を動かすってどういうことだよ!

と思っている方は必見です。

以下の5点を意識することで、質問力は大きく向上します。

・「質問で提案」+「理由」を伝える
・相手の立場を踏まえた質問
・会議の冒頭で確認の質問
・「第三者」の意見+「自分」の質問
・条件付きの質問

自分の意見を質問形式で伝えることで、マイルドに意見を通すことができます。

さらに理由や第三者の意見を交えることで、説得力が増します。

 

そんな5つの具体例を紹介している記事は、コチラです。

 

質問とは、情報を引き出すだけではなく、相手を動かすためにも使います。

相手の行動を動かすための質問スキルを知りたい方は、必見です。

【質問力】ビジネスで使える質問スキル|まとめ

<初対面に対しての質問スキル>

・「得意領域」について聞く
・「こだわり」を引き出す
・「悩み」や「課題」を引き出す
<仕事を円滑に進めるための質問スキル>

・「事実」を引き出してから、意見を引き出す
・「仮説」を立てて質問をする
・「選択肢」を作って範囲を狭くする
・大きな質問には「小さな質問」で返す
・「5W1H」を意識した質問をする
<相手の行動を促す質問スキル>

・「質問で提案」+「理由」を伝える

・相手の立場を踏まえた質問
・会議の冒頭で確認の質問
・「第三者」の意見+「自分」の質問
・条件付きの質問

どの職種・業種においても、ビジネスで質問力は大切なスキルです。

いい質問をすることで、よりよい人間関係を作り、大きなビジネスチャンスを生みます。

 

本記事で紹介した内容が、皆さまの仕事の手助けの一つになれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました