ポルノグラフィティ50thシングル「VS」最新情報まとめ

ポルノグラフィティVSアイキャッチ音楽

ポルノグラフィティの記念すべき50作品目となる新曲のリリースが決定しました!

情報をまとめたのでご覧下さい。
※最新情報は都度更新していきます

こんなヒト向けの記事:
・ポルノグラフィティが好き
・ポルノグラフィティの新曲が気になる
・あだち充が好き

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」情報まとめ

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」| 概要

○タイトル
「VS」(読み方:バーサス)

作詞:新藤晴一
作曲:新藤晴一
編曲:近藤隆史、田中ユウスケ、Porno Graffitti

○発売日
配信開始日:7月12日(金)(VSのみ)
CD発売日:7月31日(水)(VS他2曲含む)

初回限定盤CD+DVD 1,700円(税込)
※特典:アニメ「MIX」×ポルノグラフィティ オリジナルイラスト野球カード
通常盤CD 1,300円

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」|タイアップ

あだち充原作のTVアニメ「MIX」の7月期オープニングテーマに決定しました!

○TVアニメ「MIX」
曜日:毎週土曜
時間:17時30分~
放送局:読売テレビ・日本テレビ系列

「MIX」はあだち充の「タッチ」から約30年後の明青学園が舞台の野球漫画です。
2012年6月号から月刊少年サンデーで連載中で、アニメは2019年4月より放映中の人気作品になります。

明青学園が舞台ではありますが「タッチ」の続編、という位置づけではなく、あくまで同じ世界観と舞台の作品となっています。

また、アニメ版には「タッチ:浅倉南」のネタをもつ芸人いとうあさこが、毎話で様々なキャラクターにて登場しています。

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」|意味

※公式サイトより
表題曲「VS」は過去と現在との対比をテーマにした楽曲になります。

「VS」と聞くと人同士が戦うイメージを思い浮かべてしまいますが、晴一さんは過去と現在の対比を「VS」というコトバで表現しています。

 

ポルノグラフィティは今年でデビュー20周年を迎え、2018年~2019年は「UNFADED」というツアー名で全国アリーナ公演を行いました。

デビューから20年経ち、楽曲がUNFADED(色褪せていないもの)であるか証明するという強い思いが込められていました。

 

改めて20周年を迎えるポルノグラフィティが、過去の自分と今の自分が向き合い、「VS」という表現をしたのでしょう。しびれますね。

 

「VS」は20周年ツアータイトルにも

ポルノグラフィティは2019年9月7日(土)、8日(日)に東京ドームでデビュー20周年記念ライブが行われます。

ツアータイトルは「神VS神」
両日異なるセットリスト「通称:神セトリ」になるため、神セトリVS神セトリという意味が込められています。

 

50作目となるNewシングルは、記念すべきデビュー20周年ドームツアー「神VS神」とも連動したタイトルになっています。

※「神VS神」セトリ予想はこちら※

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」| プロモーションビデオ

プロモーションビデオ(short,ver)が2019年7月2日に公開されました。

【YouTube】ポルノグラフィティ 『VS(short ver.)』

 

撮影場所は下北沢。

昭仁さんと晴一さんが別場所から歩き出しライブハウスで合流する、ワンカット2画面の構図。

 

下北沢のライブハウスはポルノグラフィティがインディーズ時代に演奏していた場所で、当時よく通っていたという餃子の王将も映っています。

クレープを子ども達に取られる昭仁さんが可愛いですね…w

 

新曲のタイトルにもなっている「VS」は、過去の自分との対比を表現しています。

デビュー前のポルノグラフィティが通っていた下北沢での撮影は、若かりし自分と現在の自分の対比を表しているんですね!

 

ライブハウスを目指して歩く晴一さんの下に、「flumpool」の阪井一生さんが出くわすという場面も。笑
目を凝らして見てください。

 

PVを撮影した大久保拓朗監督のコメントです。

音楽の香りがしつつ、日常的な雰囲気もある下北沢をロケ地に選び、そこでシンプルだけどずっと見ていられるようなワンカットのMVにしたいなと思いました。
本番は1テイク目からびっくりするくらい上手くいったのですが、せっかくなのでもうちょっとやりましょうか、という感じで合計3テイク撮影しました。

 

ロングバージョンのPVも早く見たいですね!
続報を待ちましょう。



ポルノグラフィティ50thシングル「VS」| メロディー

新曲「VS」は2019年7月1日(月)に、晴一さんのラジオ「カフェイン11」でフルバージョンが初オンエアされました。

 

作曲をした晴一さんは楽曲について、ラジオでこのように語っています。

仮歌を昭仁に歌ってもらったら化けた楽曲。
そこからAメロとBメロを作り直して、今の完成系になった。
サビにいくまでの上昇具合、最後終わるまでの上昇具合が面白い。

 

私もラジオでフルver,を聞きましたが、とても爽やかで疾走感の溢れる楽曲でした!

 

2番サビ後のCメロの盛り上がり方は、これまでにないポルノグラフィティを感じます。

ちなみにそのCメロは、晴一さんが「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」のドームライブを見に行った際に、「銀河鉄道999」からインスパイアされて、作ったとのコト。笑

たしかに、なんとなく雰囲気わかる…!

そういう形で楽曲がアップデートされることもあるんですね。

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」| 歌詞

作詞をした晴一さんは楽曲について、ラジオでこのように語っています。

昨日の自分に勝ちたい、というのは誰しもあると思う。
アニメ「MIX」の主題歌なのでそれに乗せながら、50作品目のシングルということで自分達の気持ちも乗っている。

 

そんな想いを込めて作られた歌詞の一部がこちらになります。

※1番サビ抜粋
そうか あの日の僕は今日を見ていたのかな
こんなにも晴れ渡ってる
バーサス 同じ空の下で向かいあおう
あの少年よ こっちも戦ってんだよ
※2番サビ抜粋
本当、気楽でいいな 無邪気に描いた地図
クレームもつけたくなるが
バーサス 準備はいいか?せーので走り出そう
あの少年よ まだ期待してんだろ?

 

少年時代の自分と、現在の自分を対比させている歌詞となっていますね!

 

そして、なんと歌詞には隠されたメッセージが…!

 

「VS」はあだち充さんのアニメ「MIX」の主題歌となっています。

歌詞に「MIX」登場キャラクターの名前が散りばめられているという、サプライズも発覚。

 

「遥か」=大山 春夏(はるか)
「問うまでも」=立花 投馬(とうま)
「夢の羽音 耳に」=立花 音美(おとみ)
「そう一縷の想い」=立花 走一郎(そういち)

 

こうしたシャレを聞かしながらも、VSのメッセージを伝える晴一さんのセンスに脱帽です!

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」| CDジャケット

ポルノグラフィティのお2人が群集と共にアポロ11号の打ち上げを見ているというもの。

実際にジャケット写真に写っている群集は、リアルにアポロ11号の発射を見ており、それに合成をしています。

 

デビュー曲が「アポロ」のポルノグラフィティが、50作目のシングルを、アポロ月面着陸50周年の年にリリースする、という意味が込められています。

アポロ月面着陸から50周年だったとは…!

 

※アポロ:歌詞抜粋
僕らの生まれてくるずっとずっと前にはもう
アポロ11号は月に行ったっていうのに♪

と、デビュー曲「アポロ」で歌っていました。

歌っていたのは1999年。
ポルノの昭仁さん晴一さんが生まれたのは1974年。
アポロが月面着陸したのは1969年。

 

そんなに、生まれるずっとずっと前でもないという(笑)

 

そして早速スガシカオさんがTwitterで…

確かに、晴一さんとスガシカオさん似ていますね(笑)

そして何と…
ポルノグラフィティの公式LINEで「スガシカオ」と入力すると…

まさかのCDジャケットがでてくるという遊び心(笑)

公式さんの対応の速さと、懐の広さに感服します!!!!

ポルノグラフィティ50thシングル「VS」|まとめ

・ポルノグラフィティの50作目の新曲は「VS」
・発売日は2019年7月31日(水)※「VS」配信は7月12日(金)
・アニメ「MIX」の7月期オープニング主題歌
・「VS」は過去の自分と、今の自分の対比
・プロモーションビデオは下北沢で撮影
・ジャケットはアポロ11号打ち上げ写真を合成

今から発売が待ち遠しいですね!

「東京ドームでは演奏する」と明言していたので、ライブに参戦予定の人は楽しみに待っていましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました